トップページ | 2006年3月 »

本箱をあさっていたら

とある本を探そうと思って本箱の中をあさっていたら・・・・
何と古い文庫本で同じ本が二冊出てきました。
何で二冊あるのかしら・・・?
如何やら若かりし頃、高校と大学の時に知らずに買っていたようです。薄すぎて本の間に埋もれていた?

ああ、何と懐かしい。。。Man13d

それは福永武彦のエッセー「愛の試み」です。

著者は冒頭で愛について、特に恋愛について語ると書いていますが、実際にその中で云わんとしているのは人間の根源的な孤独についてです。

非常に短い短編からなるエッセーは、愛にまつわるエゴや初恋の神秘、肉体的快楽、憐憫と自己犠牲などについて語りながら、愛とは何かを掘り下げています。
私の好きだった「狭き門」のアリサや「谷間の百合」のモルソーフ夫人もここではばっさりと切られていますが・・・・
(勿論愛している自分に酔っている愛なんて以っての外!)

時に挿話を交え、スタンダールの結晶作用を引用しながら、愛の孤高さを説いている様な気がします。
この挿話がまたいいのです。読後にとても考えさせられてしまいます。

恋愛に遠い年になると、こういう本は何だかとても新鮮だし今だから分かる感情もあって愛に年齢は関係ないのだと気付かされます。

趣味で書いている物語もラブロマンスなんですが遊びで書いているものに恋愛の本質論を投影するのは無理だなあ・・・・如何しても書き手の自己満足でご都合主義になってしまいますよね。。。。

恋愛に悩んでいらっしゃる方、孤独に苛まれている方、一度読まれてみては如何でしょう。何か糸口が見えるかもしれません。

偶然なんですが、このエッセーには古代人の愛について述べているところがあります。そこで折口信夫を引用して「こひ」とは招魂のことで、愛している者の魂を自分の身中に招くことを意味したと書いています。
更に大津皇子に関連して皇女(姉)の挽歌を引用しています。
「死者の書」を理解するには古代人の恋愛感の知識が必要ですねMsfl3b

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

人形アニメ「死者の書」はやっぱり難解?

美しい人形のアニメーションによる映画。
難解と言われる折口信夫の「死者の書」の映画化・・・・

NHKの「三国志」でお馴染みの川本喜八郎氏の気品のある人形がアニメーション映画になって、然もそれが何と「死者の書」・・・・Aonp1 
映画なら内容が分かりやすくなって私でも理解できるかも!
実は難解と言われて名前しか知らなかったのです。
そんな難解な本が本当にアニメにできるのかその辺も興味が湧きました。

もうこれは映画館に足を運ぶしかないと思っていたら、友人がメールで偶然にも死者の書を見たいと言ってきたので早速岩波ホールに出掛けました。
彼女とは何故か以心伝心な所があるのよね・・・・・Man12b_1

最終時間ということもあるのか映画館は思ったより空いていました。
アニメだから万人受けしないのかしら・・・・・・

人形は想像していた通りとっても綺麗・・・・Man13e
登場人物の性格を映した見事な顔に、着物の色彩もとても綺麗。ユーモラスな表情の人形は見ていてとても楽しい。。。
人形の動きも細やかでとても丁寧な駒撮りでした。

ではでは、作品の難解度はどのくらい優しくなったかというと・・・・・
うーん、確かに原作の小説を読むよりは数段に分かりやすいとは思うのですがでも正直私にはちょっと難しかったと言うのが本音です。

まず、主人公の名前からして郎女(イラツメ)です。小説を読む時は文字から入りますが、映画だと当然全て音で頭の中に入ってきます。
だから
ムサノチオモ、
ショウサンジョウドブッセフジュキョウ
ヨコハキカキツ・・・・
頭の中で音だけが響いて日本語に翻訳されない!?一瞬の遅れが作品に付いていく反応を益々遅らせてしまいます。

そして、時々聞こえるナレーションの擬声語が普段聞き慣れない音なのでどう理解していいのか戸惑ってしまいます。
擬声語は原作の表現のままなのですが・・・・心で理解するには只耳を済ませるだけでは無理なような気がします。

ではストーリーはそんなに難しい話なのかと言うとそうではありません。

聡明で美しい主人公郎女は1000巻の写経の誓いを立て、満願成就した時二上山から大津皇子の霊と重なる仏の姿を見ます。この霊に導かれて二上山の麓の寺に行きそこで皇子の霊に捧げる蓮糸曼荼羅を織り上げる、というお話です。
大津皇子が死ぬ前に見た耳面刀自への執心から面影の似る郎女の前に姿を現し思いを遂げようとして彼女の枕元に現れます。
この辺りの情感は、確かに生身の人が演じるより人形が演じた方が綺麗だと思います。

映画を見たから少しは分かるだろうと思って文庫を買ってみましたが、やはり難解ですね・・・・・
固有名詞等にカナが振ってあるけど旧仮名遣いは読みにくいし、歴史的素養が要求されます。
その上、文章を流れる時間は過去に戻ったり先に進んだり、場所もいつの間にか動いている・・・・・・
読み終わるのに未だ時間が掛かりそうだわ。

因みに映画では内容を分かりやすくするために、中将姫伝説や系譜など歴史的背景を実際の映像を使って冒頭で説明しています。
歴史に興味のある方は一度お出かけ下さいませ。Msfl13b

川本喜八郎公式サイト:http://www.kihachiro.com/index2.htm

Man13d_1 余談ですが、物語に出てくる大津皇子というのは天武天皇の息子です。
天武天皇と言えば天智天皇の死後その息子の大友皇子を殺して天皇になった天智天皇の弟です。
天武天皇の死後、妻の鸕野皇女は持統天皇として即位しますが、彼女は自分の息子草壁皇子に跡を継がせたいと考え文武両道に秀でた大津皇子をデマを流して殺してしまいます。
当時皇位継承争いは骨肉の争いで、紀子様の御懐妊でマスコミが騒ぎ捲る今の平和な時代とは大違いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒し・・・・人が求めるもの

ひっそりと作っているHPに相互リンクの依頼mailを頂きましたMan12e
セラピーやヒーリングをされている方で私のサイトを気に入って下さったようでとても嬉しく思いました。

癒しがテーマになって久しいですが、陳腐な台詞で申し訳ありませんが、やはり先の見えない不透明な時代が目標を無くし、希望を無くした人々を一層増やしているのだと思います。
人は一人で生まれ一人で死んでいくにしても人は社会の中で生きています。

人との繋がりが見えない今、一方で只管自己の高揚、自己満足だけに生きる人もあれば、自分の拠り所を求め、自己実現を通じて人との繋がりを共有したいと考えている人もいます。
何れの生き方を選択するにせよ、社会が昔のように甘えを許容してくれるほのぼのとした余裕を持ち合わせない今では、専ら自分だけでその道を探さなければならない状況に追い込まれることが多いと思います。

強い人ばかりではないし強い時ばかりでもない・・・・・
人が悩むのは人たる所以ですが、苦しんでいる最中ではなかなか自分で苦しみから抜き出る道が見えません。
だからこそ人は癒しを求めて何かに縋りたくなってしまう・・・・その場凌ぎの安楽なものから一抹の光明に縋るものまで・・・・・
でも私が本当に伝えたいのは次の言葉です。

「どんな経験も決して人生に無駄な経験は無い。」

癒し系HPを作っている私がこんなことを言うのは変に思われるかもしれません。
でも楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、悲しいことを含めてそれが全てあなたを造っているのです。
全てあなたを豊かにするためのものなのです。
だからもし今ここで苦しんでいる方が読んでいらっしゃるのだとしたら、その方に伝えたい。
全てを受け入れて、直向きに前向きに生きて欲しい、と・・・・
(そうでない自分がこんな偉そうな事を言っているなんて実はとても怖いけど。)

最近の人は脆くなっているような気がします。昔の人ような逞しさがない、図太さがない・・・・
(自分にも欠けていると反省していますが・・・)
何故なんでしょう。私にもよく分かりません。
時々テレビで海外の第四世界(後発開発途上国)の映像を見ます。
メディアが態と狙っているのかは知りませんが、多くの場合生活は貧しく悲惨な映像が映し出されています。
でも何故かそこに生きる人々は逞しく、子供達の瞳は輝いているように見えます。
幻想かもしれません・・・・でも明日を信じて懸命に生きているような気がします。

豊かな筈の今の私達にそれが無いのは何故なのでしょう。
何故私達は色々な事にくよくよと悩み、苦しんだり傷つけ合ったりするのでしょう。
そして耐えられなくなると安易に逃避の道を選んでしまう・・・・

一生懸命生きている人が報われない時代というのは何だか悲しいですね・・・・
明日が信じられない時代だからでしょうか・・・
今日は取り留めの無い単なる呟きになってしまいました(ゴメンナサイ)Msfl13b_1

Man8h 本当はフィギュアスケートの村主選手へのMan13e_1 応援メッセージを書きたかったんですけど。。。
彼女の直向きさが好きです。
彼女の演技は競技選手としての共感を呼びます。単なる自己満足でないところが・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なかなか進まない

久々にblogです。
最近書いてないね・・・と言われてしまったので。
書く事が無いからサボってるんでしょ・・・・
いえいえ、違います。実は作家生活に勤しんでいるんですMan12b_2

といっても私はプロの作家でもなければ作家志望の文学少女(少女といえる歳ではないが)でもないんですが・・・・・
実はHPのサブサイトで徒然に書いている趣味の物語の続きを書いているんです。
気まぐれな私はその気にならないとなかなかパソコンの前に座れません。
なのに何故か最近書く気が続いていて結構真面目に書いています。

まあ趣味の世界ですから、どうでもいいといえばどうでもいいんですけど、凝りだすと地図とか年表とか取り出して設定に拘ったりするものだからなかなか進みません。
途中で飽きたりもするから精々一日1ページか2ページ書くのがやっとです。
それも誰かに読んで貰える訳でもないのに・・・・・

このお話は元々自分を癒すために始めたものなので、特に読者を意識して始めた訳ではないのですが、最近では誰も読んでくれないのも一寸寂しいなあと思っています。
(皆に読んで貰えるように設定していない自分が悪いのですけど。。。)

もう少しオープンにしてみてもいいんだけど・・・・・
何れにしても、最終回まで未だ先があるからそれまでに考えることにしよう~Icon334

書くって癒されますよ・・・・結構楽しいし。
暫くblogを書くのが遅くなりそうです。

とても判り難い所にあるのですが、お話を読んでみようと思われた方は頑張ってHPの中の隠し扉を探してくださいませ。かなり少女趣味ですが。Msfl13b_2
(男の方には不向きかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

薔薇にまつわる素敵なお話

なんて素敵なお話Man12g なんでしょう・・・・
めったに見ない番組「まさかのミステリー」を偶然見てしまいました。
(ブログに書いているとどんなテレビを見ているのかバレバレですね)

そこでなんと薔薇にまつわる素敵なお話が・・・・
かなり昔にはやった歌でマイク真木さんの「バラが咲いた」(浜口庫之助作詞作曲)という歌があるのですが、なんとペテルブルグにこの歌が校歌になっている学校があるのだそうです。
然も歌詞は日本語そのままで!

ペテルブルグに薔薇と来ればもうブログに書かない訳には行かないでしょう・・・
(理由はHPの秘密の小部屋を知っている人だけに分かるかも。)

バラが咲いたバラが咲いた真っ赤なバラが・・・
寂しかった僕の心にバラが咲いた・・・・・

何故この歌がその学校の校歌になっているかと言うと、
この学校に日本語学科ができた時、未だ学校に校歌が無かったそうです。
当時赴任されていた副校長先生の初恋の方がこの歌を大変好きだったのだそうです。彼女の恋人は日本語の通訳をしていてこの歌を覚えてよく歌っていたそうです。
その方はなんと海難事故で24歳で亡くなったのだとか・・・・
副校長先生はその方を偲んでこの曲を思い出に校歌としたそうです。

こちらの学校の生徒さんたちは、勿論歌詞の意味も分かっていて曲も綺麗でお気に入りだとか・・・・・美しいものに国境は無いのですね。

数年前にはこの嘗ての副校長先生は浜口庫之助の墓参りをされたそうです。
薔薇の花を沢山墓前に生けて・・・・・・
きっと嘗ての恋人のことを思い出していたのでしょう。

素敵なお話でした。Msfl13b_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅って何時咲くの?

ぽかぽか陽気に誘われたのか、今日遂に鉢植えの梅の花が咲きました。
そう、HPでご紹介した湯島天神の梅です。
八重の可愛らしいお花 Man12b_3
仄かに漂う梅の甘い香り・・・・・未だ一輪しか咲いていないのに・・・・

Nec_0033

他の蕾もふっくらと膨らんで、もういつでも咲きそうな気配です。
あんまり早く満開になってあっという間に散ってしまうのも悲しいので
午後は少し涼しい玄関においてみました。

ところが夜になって玄関に行ってみると何時の間にか4つも咲いているんです。
お花って太陽の出ている昼間に咲くものだと思っていたのですが・・・
本当は何時咲くんでしょう?

でも玄関は気のせいか仄かに梅の香りがするような・・・

天気予報では明日もぽかぽか陽気だとか。
お願いだから、そんなに咲き急がないで欲しい・・・・Msfl13b_4

(そう言えば今日がヴァレンタインだということをすっかり忘れていたわ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

流石イタリアの開会式!

今日はブログをお休みしようと思っていたんですけど、オリンピックの開会式を見てあの感動を残したくて・・・・・

流石にイタリアでの開会式。
まさか競技場がスカラ座に変身するとは思っても見ませんでした。
ルチアーノ・パヴァロッティのテゥーランドットを聴けるなんてもう感激ですMan13e_2

彼が歌い始めるや否や、一瞬にしてここが競技場なの?と疑いたくなるほど空気が変わってあれだけ多くの観衆の心を一気に引き込んでしまう・・・・・・
それまでの全ての演劇もジョン・レノンもフェラーリも消し去ってしまうほどの存在感!!
もう素晴らしいMan8h_1 の一言です。

それだけでも開会式を見る価値がありましたゎ。

でも日本のテレビ局って何で日本人選手ばかり映したがるんでしょうね。
オリンピックは世界中の人がスポーツを楽む祭典なんだから、もっとフェアに外国選手の報道をしてもいいと思いますが・・・・(余談)Msfl13b_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クラシックがメジャーになった♪

今夜は珍しく「たけしの誰でもピカソ」をじっくり見てしまいました。
今日のテーマはクラシック音楽。
有名な曲ばかりを短くアレンジして親しみやすくご紹介・・・・・Aonp1_1

今年はモーツァルトの生誕250周年の記念の年だからでしょうか。
何故かクラシックが大流行。先日もNHKでモーツァルトの話題を特集で取り上げていました。
癒しと言えばモーツァルトと言うくらいです。(私のHPのテーマだわMan8e

クラシックファンとしてはクラシックが身近に理解されてメジャーな音楽になっていくのは嬉しい限りです。
訳知り顔で御託を述べるばかりがクラシックファンと思われてしまいがちなのには少々残念・・・・

確かに、中には狂信的とも言うべき熱烈なワグネリアンみたいな近寄りがたい方々もおられますが、その芸術を愛すればこその伝道師と思っていただければ彼らもまた愛すべき人達なのです。

これからもクラシックファンが増えて、NHKだけでなく民放でもクラシック音楽を沢山流してくれるともっと嬉しいんですけど。。。。。Msfl13b_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

温泉行きたい病

さっきまでNHKの“知るを楽しむ 何でも好奇心”で、「本物の温泉」をやっていました。
温泉病がうずく。。。。Free_002_03

映っていたのは鉄輪温泉の血の池地獄。
鉄輪では外湯に入れなかったけど、何だか懐かしい。
(まだ出掛けて一月しか経ってないのにね)

うーん。やっぱり温泉って良いなあ。あの湯煙・・・・

本当は、ちょっと前から温泉病に掛かっているんです。
実は先月末にまた伴久ホテルから魔の誘いMan12e_1 が来たんです。
例によって美しい冬景色の特大DM・・・・・
(伴久ホテルのDMについてはHPの“四季折々”コーナーの湯西川温泉をご覧くださいね)
冬の温泉も良いですよね。露天で雪景色を楽しみながらゆっくり浸かるなんて、なんて極上の癒しなんでしょう・・・・・・

でも車で行くのは無理かな。
以前雪の中を松本まで出掛けて、スリップして危うく事故になるところだったし、加えて雪道の坂はチェーンをつけていてもなかなか登れなくて温泉旅館まで行くのが結構大変だったから。
電車で行くのもたまには良いかも。

因みに伴久ホテルでは冬季限定で駅まで送迎バスのサービスがあるそうです。

でも、年末年始に散々散財したおかげで当分温泉に行くのは無理。
無理だと分かるとなお更行きたい!
当分は「本物の温泉」を見て行った気になって我慢しよう・・・・・でも、見たら見たで温泉行きたい病が重症になりそう。
やっぱり行くしかない・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

咲いた!


Nec_35 わぁ~咲いたMan8h_2

外出から戻ってみると、咲いていました。
昨日までまだ蕾だったのに・・・・

今朝はまだ雪が積もっていて、歩道がつるつるすべる中出掛けてきたのですけど、慣れないことで疲れてしまいました。

でもお部屋の中でお花が咲いているのって嬉しいですよね。
なんか嫌なことがあっても、癒されて・・・・
勇気まで出ちゃう。。。。。
(単純です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒しの映画・・・博士が愛した数式

今日は最近見た映画の話Man12g_1

実は映画館で映画を見るなんて本当に久しぶり。
大抵大袈裟な前宣伝でがっかりすることが多いから、普段は見たいなと思ってもそのうちテレビでやるだろう・・・・で終わってしまう。
そんなお尻の重い私が映画館に足を運んでみたのは、80分で記憶が途切れるという設定が妙に頭に残ったから・・・・

だって不思議に思いません?
今やっていることも80分経つと、何でこんなことしているんだろうとか、如何してここにいるんだろうとか思うわけですもの。
心の葛藤は起きないのかしら????
そんな私の疑問に答えてくれるのか気になって・・・・・

結局、映画はその疑問には答えてくれませんでした。
(原作を読んでいないので原作にはあるのかもしれませんが。)

でも、映画を見てとっても癒されました。
時代設定は日本の古きよき時代、何処かのんびりして未だ人々が齷齪働いていない頃・・・・
とにかく自然の映像がとても綺麗。。。。
あれは小諸の風景なのでしょうか。
櫻や梅が咲き誇り、川や滝の美しい流れの風景は、日頃都会のビルの中に埋もれている身には実にほうっとさせられるものがあります。

それに現実には考えられないほど心の純粋な家政婦さん。。。。
博士と家政婦さんのやり取りは実に楽しかった。
実際の家政婦さんはこうも行かないでしょう。80分毎に同じ説明をしなくちゃいけないんですから・・・・・

実数だ、虚数だ、eだ、πだと遥か昔に忘れていた数学のお話もあり、久々に脳の活性化もして?十分楽しめました。
これが人間模様の映画だったら博士と義姉の過去をドロドロ暴くような展開になるのでしょうが、むしろそこを抑えているのがほのぼのした映画のいいところでしょう。
(別れて暮らさなければならない理由があるようには思えないけれど・・・)

万人受けするハリーポッターのような娯楽性は無いけれど、人の気持ちが純粋になれるには丁度いい時間の過ごし方ではないでしょうか。

癒しを求めていらっしゃる方、是非一度映画館に足を運んでみてはいかがですか。。。。Msfl13b_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんな寒い冬なのに健気にも。。。

ブログ生活2日目。
今日は何を書こうかな・・・Msfl3b_1

我が家はマンションなので、庭の草木を眺めて季節を知るなんていう優雅な生活は望めませんが、ささやかなグリーンが部屋に少しばかり潤いを与えてくれています。
普段、水遣りさえもいい加減なのに気がついて見ると何と!今年も蕾が・・・・・

手入れが簡単と聞いて数年前に購入したカクタスですが、最初は一年でお花もおしまいかと思って適当に放って置いたのに自然てすごいですね、ちゃんと次の年も花を付けてくれました。
今年は何時に無く寒いから、きっと花なんて咲かないだろうと思っていたのに、何時の間に蕾がついて赤く染まっていて・・・・
とっても感激です。

冬の時期は花が少なくて寂しいですよね。
庭でもあれば、今の時期、椿とか蝋梅とかが咲いて少ない緑に彩りを与えてくれるのでしょうが・・・・・

下の写真は今回の愛しいMan12b 蕾です。
赤く染まっているのはまだ一つだけだけど、可愛いでしょう・・・・・
(勝手なもんですね。花が咲くとなると急に優しくしてあげたくなっちゃう♪)
何時咲いてくれるのかしら。今からとっても楽しみだわ。。。

Nec_033_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初めてのblog

初めまして。

ブログを始めてみました。
きっかけは単純です。
個人のHPをもっているのですがなかなか頻繁に更新できなくて、せっかく立寄ってくださった方には申し訳なくて・・・・(まあひっそりと開いているサイトなので実害はないのですが・・・・)
そこで、思い切ってblogを始めてみることにしました。
今日は月初めでblogを始めるにはちょうどいいですよね。

何処のブログにしようか悩んだのですけど、ブログ比較をしている為になるサイトを見つけたのでこちらで始めることにしました。
定期的に更新できるか不安ですが宜しくお願いします。

ついでにちょっとご紹介させて頂くと、私のHPは癒し系を目指しています。とはいっても温泉とかグルメが主なテーマで深刻な内容は扱っていないから、これが本当に癒し系なの?って言われてしまいそうですが。。。
気が向いたらこちらにもお立ち寄りくださいね(まだ余り充実しているとは言えないけど・・・・・)。
URL: ataraxia

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2006年3月 »