« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

探しても本が出てこない!読み返そうと思うのに。。

スタニスワフ・レム氏が亡くなったそうです。

レム氏と聞いただけですぐ分かる方はかなりのSF通。
でもレム氏の名前を知らなくても「ソラリスの陽のもとに」の小説をご存知の方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。


多分小説自体知らなくても「惑星ソラリス」の映画の名前ぐらいは知っているかも・・・・・

今回死亡記事を読むまで、彼がポーランド人だとは知りませんでした。てっきりロシア人だと思い込んでいました。すみません!
映画監督のアンドレイ・タルコフスキーと勘違いしていたみたい。



懐かしいの一言ですMan1p  。

思わず読み返そうとして本箱を漁ったのだけど、あっちこっち探しても出てこない!

こんな時、本にカバーをしていると探すのが大変。
いちいち本を出して表紙を捲らないと何の本だか分からない。

「2001年宇宙の旅」の傍にありきやと思えば無い。。。


「ソラリスの陽のもとに」はSFの世界で古典的な名著として知られていますが、SFに限らず非常に深遠なテーマを扱った純粋な文学作品だと思いますPiyo_i_055_24

「理解」とは何かを深く考えさせられる作品だからです。

「未知との遭遇」に代表されるような、所謂SF娯楽作品とは全く別の作品です。



古典になってしまったので、若い方の為に簡単に内容をご紹介:

二重星の周りを廻る惑星ソラリスは、研究の結果ソラリスに浮かぶ海が知的生命体だと分かります。
多くの研究者がその解明に挑みますが、成功しません。

主人公の心理学者クリス・ケルヴィンが観測ステーションに来てみると、ステーション内は異変が起きており友人は自殺し、他の研究者も部屋にこもって異常な行動をとっている・・・・

クリスが目覚めてみると目の前には自殺した筈の妻がいる!
それは海が示した行為だったのです。

ソラリスの海は、相手の記憶の中に入り込んでその中にあるトラウマをその人物の形で実体化するという行動をとります。

小説の中でその人物は「お客」と呼ばれ、各隊員は海の放つお客の対応に追われて部屋から出られなくなっているのです。


クリスの妻も自殺を繰り返します。死んでも翌日にはまた現れる・・・・・
クリスと妻の関係は小説を読み進めるうちに変化していきます。



レム氏は、この小説で未知の生命体との遭遇において、人間の思考の枠内で全てを理解しようとすることに疑問を呈しています。
人間同士においてでさえ「理解」することは難しいのに、ましてやという訳です。

ここでは「理解」という行為を哲学、心理学、認識学や倫理学を通じて私たちに問うているといえるでしょう。

恐るべし、レム氏です。
未だに新鮮 Man9b !!

未だの方は、まず映画よりも小説の方を先に読まれることをお勧めします。
SFの持つ叙情性よりも作品の静謐さを感じていただきたいからです。


うーん、癒しになるかどうかは・・・・・


さてと、また本箱探さなきゃ。。。。何処かなあ~

Man13f 今回の記事はココログのメンテナンス中に書き上げてしまったのでタイムリーにUPで来ませんでした。
仕方が無いのでもう一つのBlogに同じ内容を先にUPしています。
ご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日の夕飯は餃子!

夕飯て考えるの面倒ですよね・・・特に休みの日なんて。

何にしようか~。そのうち考えるのが面倒になって(何時も考えるのは面倒なんですが)。
そうだ餃子を食べに行こう!

と言うわけで今日の夕飯は餃子。Chuka02

何処にしようかな・・・・・・
新宿にある元気餃子「弄堂(long tang)はとっても美味しいのよね。お財布にも優しくて
いう事無しです。
特にあそこの小姐餃子はとってもお勧めです。

悩んでいるうちに時間がどんどん経っていく。。。。
おなかも空いてきたし、えい、考えるの面倒だわ。近場にしよう。

と言うわけで今日は、紅虎餃子房暁家常菜新宿店へ出掛けてきました(近い割には今まで行ったことがない)。
紅虎といえばやはり鉄鍋棒餃子ですよね。パリパリしているけど春巻きほど脂濃くないのが嬉しい。
他に頼んだもの

  • ピータン豆腐サラダ(ちょっと味が濃い目)
  • サクサク揚げ鳥の醤油ダレ(モヤシたっぷり、甘辛系かな)
  • 春野菜と海鮮の塩炒め(さっぱり味)
  • 牛ばら肉の鉄鍋おこげ(八角ベースで美味)

   最後の口直しはタピオカココナッツミルク

美味しいし、お値段も手ごろだし超満足Man14dして帰ってきました。


1つだけ難点を挙げると、残念ながらここには私の好きな海鼠料理はありません。

未だHPで紹介していないのですが、私の好きな海鼠料理を置いている中華料理屋さんが神楽坂にあります。
お店の名は一品香
上野にも海鼠料理の店があるのですがこっちの方が量が多いの♪

(海鼠が食べたくなるとここに行きます。薬膳で有名な店です)

いつか写真入でGourmetのコーナーで紹介しますのでお待ちくださいませ。とっても美味でお勧めです。



しかし、歩いて数件先にある胡同四合坊が同じチェーン店だとは今回ネットで調べるまで知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

都内のお勧めの公園

やっとHPの更新ができたわ。

趣味で始めた徒然HP。
HPを立ち上げて半年余りが過ぎました。

気儘でBlogのようには簡単に更新できませんがぼちぼち続けているところです。
(Blogもあんまり頻繁に更新していないけど・・・・・)


今日は昨日出掛けた庭園のご紹介です。
知っている人にはどうってことの無い所でも小まめに廻ってみると意外に都内にもいい場所があります。


案外、江戸時代までの大名屋敷や名刹の庭園が残っているのかもしれませんね。

しかし、都内は何と言っても緑が無い!!
どんなに便利な生活でも、癒しの場が無いのは本当に精神的に苦痛です。


(別に都内に住みたかった訳じゃないから余計にそう思う。都心は人の心を擦り切れさせるだけだと思うわ。。。。
慣れって恐ろしいけど東京って人の住む所ではないと思います。
よくこんな所に住んでいるなあって我ながら感心します・・・・・Msfl11o


百草園は新宿から特急とかを利用して約30分ぐらいで行けます。
この辺まで来ると辺りはもう住宅地・・・・・
多摩丘陵の一角にあるので風も爽やか。排気ガス臭くないし、鳥の声も聞こえます。

都内の庭園に比べて足の踏み場が無いほど混んでいて人の頭ばかり鑑賞ということはないし、お弁当を広げられる所もあるので是非お勧めします。


一番良い季節は何時なのかなあ~
やっぱり春なのでしょうか。。。。。Msfl13v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何でこんなに風が強いの

昨日はとっても風が強かった。。。
一日中窓はうるさくてビュービューいっていました。

偶然外を見たら、何と空が二色になっていました。
上のほうは青いのに地上に近い方は茶色・・・・

黄砂が中国から飛んできたのかしら?
砂塵が舞って顔に当たるような感じです。
Sajin

夕方買い物に車で出掛けると、何と車が風で揺れる・・・・
もしかしたらうっかりハンドルを取られてヒヤッとした人もいたかもしれませんね。

さて、今日も昨日に続いて北風が強いわ。
洗濯物が飛んで行きそう・・・・

春一番は終わったのに何でこんなに風が強いのかしら???

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私にとっての癒される本

先日、村上春樹の小説が癒しだと言うお話が出たので、今日は、私がお勧めする癒しの本をご紹介したいと思います。
(この内容はもう一つのblogで紹介したものですが、癒しとあってはこちらでもご紹介するのが
本筋だとおもうので・・・・)

私にとって癒される本とは・・・・・

誰でも癒されるとは思いませんが、ここでは2つ挙げたいと思います。
どちらも大好きで、私が癒されたい時に手に取る本です。

1つ目は野尻抱影の本です。
若い人には余り馴染みが無いかも知れませんが、野尻抱影はMan2y 星をテーマにしたエッセイを数多く残しています。
私は筑摩書房から出ているシリーズ
1.星空のロマンス、
2.星の文学誌、
3.山で見た星、
4.ロンドン怪盗伝(これだけは星の話ではありませんが、楽しくてぐいぐい引き込まれますよ。)
を愛読しています。

星の好きな人にはとてもお勧めです。
純粋に星座の解説書として読むこともできますし、エッセーや物語として読むこともできます。

抱影の人柄を反映して緻密でありながらその文体は優しく何処かほのぼのとしています。

もう一つは川端康成の「掌の小説」です。
たった数頁の短い小説からなる短編集です。中には二頁に満たないものも・・・・

一つ一つの作品がまるで宝石のように綺羅綺羅Man13d_4 と光っています

短い言葉の中に魂が詰まっている・・・・・その言葉が読者の心の中で無限に広がっていく、
そんな感じの小説です。

癒しを求める人は心がとても敏感になっています。だからたった一言でも鋭く響きます。

川端の珠玉の言葉は癒しを求める人の心に深く届くのではないかと思います。
さあ、あなたの心に響く言葉を見つけてください・・・・・


一度手にとって見ては如何でしょうか。

一人でも多くの方が癒されますように。。。Msfl13p_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のデパ地下は何時になく男性ばかり・・・・

久々に友人と伊勢丹で待ち合わせ。

喫茶店で長話の後に食品売り場を覗きに行くと、驚いたことに、何故かどのデパ地下も何時になく人でごった返していました。

もう学生が春休みだからなのかな・・・・と思いきや、お菓子売り場は普段見慣れない男性ばかり。
若い男性に混じってご年配の方まで!

チョコも、ケーキも有名店はもう売れ切れ!信じられない。
よくよく考えてみたら今日はホワイトデーなのね。

友人曰く昨日もデパ地下は混んでいたとか・・・・・

そうか、昨日は翌日に備えた会社用で、今日は自宅にもって帰るかはたまたデート用だからか・・・・

うーん、余りの混みように、ホワイトデーに縁のない私はとうとうお菓子を買いそびれてしまいました。

かなしいわ。。。Msfl13p_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒しは本当に思考の中断なのか?

こちらで書こうかあちらで書こうか・・・・・

私のもう一つのblogに立寄ってくださった方が、ご自分のblogの中で村上春樹と相田みつをについて述べていて、彼らの作品は単なる癒しに過ぎないと論じていらっしゃる方がいました。

Flobl2_1 「癒し」は考えることをやめ、思考の中断であると・・・・・

本来そちらのblogでコメントすべき内容なのかもしれませんが、今回は癒しがテーマと言うこともあって、こちらのblogで考えてみたいと思います(ここでは文学論については扱いません)

さて、「癒し」というのは、果たして思考の中断なのでしょうか?

確かに、人は悩み疲れている時、その状態から逃れようとして、時として別のことに意識を向けようとします。
その意味では自己の課題に取り組むことを止める訳ですから、中断という見方もできると思います。

しかし実際に癒しを求めている時、或いは癒されていると感じる時、その人は考えることを止めているのでしょうか?

考えを止めることができないから「癒し」を求めるのではないでしょうか。
癒されていると感じる時こそ、実は答えを求めてもがいているのではないでしょうか。
思考を中断してしまったら答えは出ません。答えが出なければ解決はしないのです。
思考の中断は単なる回避にしか過ぎません。

では、癒されたら答えは出るのでしょうか。
そうは思いません。「癒し」は答えではないのです。

「癒し」は精神的な救いです。

確かに「癒し」は心地よい・・・・・Flopi_1
一時の休息のように感じられて、だから思考が中断しているようにも思えます。
でも実際は違うのではないでしょうか。
癒されることで答えを探す勇気が湧いてくるのだと思います。

私は「癒し」とは新たな思考を呼ぶためのきっかけになりうる「心のお薬」ではないかと思っています。

皆様は如何お考えですか?

| | トラックバック (0)
|

王朝絵巻はやっぱり美しい

Blogが少し間が空いてしまいました。
うーん、何を書こうかな。。。。

では土曜日出掛けた五島美術館の展覧会の感想を・・・・
五島美術館では2月18日から3月26日まで「よみがえる源氏物語絵巻」と題しして源氏絵巻の復元模写が展示されています。

NHK等番組等で紹介されているのでご存知の方も多いかと思いますが、この復元模写は通常の模写ではなく蛍光X線等の科学の目を入れ、作成当時の美意識を現代に蘇らせる目的で作成されたものです。

現存する国宝の絵巻はどちらかと言うとわびさびの世界で鑑賞する感じがして、芸術的価値は当然高いのでしょうが、素人の私にはお世辞にも美しいと感動できるものではありません。
やっぱり絵巻と言うからには美しく華麗であるのが源氏らしい・・・・
そこで、国宝よりも復元模写の方が関心が高い!!
当時の作品は果たしてどんなんだったのかしら~

今回復元された全作品が展示されていますが、実にどれも目に鮮やか。本当に綺麗で美しいです・・・・・Man13e_3
作品は非常丁寧で細かい手仕事だったのがよく分かります。着物の裏地が透けていたり、家具や屏風、果ては反物の柄までとても繊細・・・・・・

嫌な色が一つも無いです。然もわびさび以前の日本人の感性って、どちらかと言うとイタリア的な色彩感覚のような気がしてくるくらい。
淡い色合いは勿論綺麗ですが、赤に青、黄色に緑、緑に赤を重ねるビビッドな色使いなんてもう最高!!現代感覚とぜんぜん変わらないです。

日本人は何時からわびさびを珍重するようになったのかしら・・・・・
別にわびさびが悪いとは思わないけど、絵巻の世界の方がずっと人の心に素直に芸術はかくも素晴らしいと感じられます。

お時間のある方は是非どうそ。雅な世界に浸れます・・・・Msfl13o_1
五島美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

引越し完了♪

引越し完了しましたMan13d_2

疲れました・・・・・
最初どう引っ越していいものやら全く分からず色々調べてみましたけど、
簡単に過去の記事を読み込むことができそうにないことが分かり、泣く泣くアナログで引越しです。
記事の量が少ないので助かりましたが・・・・

仕組みが違うのでココログは画像の貼り付けが面倒ですね。いちいちファイルを探さなくてはならないのでちょっと面倒・・・・
以前だとしょっちゅう使うファイルだけためておけるので楽だったのですが・・・・
何はさておき、一応過去の記事だけは移せました。PCにも記事を残せたし。

さて残したBlogサイトはどうしましょう。
複数のブログを持っていらっしゃる方はどういう風に使い分けなさっているんでしょう?
いいヒントがあったら教えて頂けると嬉しいんですが。。。。

今日はPCの前に座りっぱなしだったから、流石にちょっとお休みしよう。

そろそろ、HPの物語もUPしなくちゃいけないし・・・・Msfl13o

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Blogを引越しました!

はじめまして、ココログデビューMan8d_2です 

ブログ初心者の私がブログを引越ししました。
理由は簡単!こちらではHP作成ソフトで直接編集できるからなんです。

今までFC2ブログを使っていて全く何の不満もないのですが、 ソフトを利用する方が書いた記録がそのままパソコン上にも残るのでHPとリンクするBlogは思い切って引っ越すことにしました。

でも、前のBlogは未だ止めた訳じゃないんです。
FC2ブログは結構使いやすかったので閉じるのは何だか勿体無い気がして・・・・・
どうしましょう。続けるには何か新しいテーマを見つけなきゃ。

未だこちらのBlogは慣れないので編集の仕方が今一分からないのですが、少しずつ勉強して体裁を整えようと思っています。

因みにもうひとつのblogのURLは
http://ataraxianoyakata.blog49.fc2.com/ です。
Blogの名前も今のところ同じ名前なのでこれから変えようと思います。

どうか末永くお付き合いくださいねMsfl13p

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »