« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

モブログ事始め

モブログ事始め

うまくできるかな。 初めてのモブログです。

LE CAFE de Joel Robuchonで食べたケーキ。
買い物途中に寄ったのですが、結構お店は混んでいました。

改行とか如何したらいいのかよく分からないわ・・・・
こなせるようになるまで、どうやらパソコンで修正が必要みたいですね。



明日から5月、新緑の季節に相応しくテンプレートも変えて気分一新してみました!

これからも宜しく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ロダンとカリエールの世界

友人に貰ったチケットで久々に国立西洋美術館で開かれている「ロダンとカリエール」展に出かけてきました。

美術館の周囲は躑躅の垣根に囲まれていて、新緑の緑にピンクの花が映えてとても綺麗でした。花水木の白い花もちょうど見頃です。

何故か真っ白な紫陽花が咲いていたのが印象的。。。
(この季節にもう紫陽花なの・・・・?)
200604261717000_1 


ロダンと言えば、考える人。
西洋美術館の前の庭にも、「考える人」、「カレーの市民」、そして「地獄の門」と有名な作品が並んでいて、何時でも好きなときに見ることができます。

200604261712000

しかし、どちらかというと、ロダンの堅牢な肉体表現をしたブロンズ像は余りに生々しくてちょっと退いてしまいます。
私は「接吻」とか「永遠の偶像」の方が好きです。

特に大理石から泡のように人物が湧き出てくるのは、とても人の手によるものとは思えません。
今回始めて、「最後の幻影」を拝見しましたが、大理石ならではの美しい作品です。


実はカリエールと言う人の作品は、今回の展覧会を見るまで全く知りませんでした。
(或いは何処かで見ているのかもしれないけど全く記憶にないわ。。。。)


モノトーンな世界は全てを包み込むような独特な雰囲気を醸し出しています。
柔らかで流れるようなタッチ・・・・

激しい感情もオブラートに包まれているように見えます。
そのせいか、肖像画は人物の内面を映しながらもキャンバスの中に溶けているような感じです。


面白いことに、ロダンとカリエールは同じ人物を現していながら二人の作品は全く異なって見えます。

勿論、二次元の作品と三次元の作品ではそもそも受ける印象が異なるのは当然なのでしょうが、それ以前に二人の受け手側のイメージも異なっているために、作品から受ける印象が違うのでしょう。
或いは、作品自体の製作年も違うので、モデルとなる人の年齢が異なることも関係しているのかもしれません。


カリエールの作品はロダンとは対照的に癒される作品ではないかと思います。
(モノトーンな世界は却って気持ちが落ち込むと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが。)


展覧会の入場券で常設展と「芸術家とアトリエ」展を見学することができます。

「芸術家とアトリエ」展では主にドーミエの風刺画を中心として画家のアトリエを描いていて当時の画家の製作風景を紹介しています。

常設展のほうは、言わずと知れた「松方コレクション」が元になっています。
久しぶりに立寄って結構展示作品が変わっていました。

藤田嗣治の作品もありましたわ。

私、結構彼の作品好きだったんですけど、余り大きな声では言えませんでした。だって最近まで彼のこと(作品も含めて)を良く言う人が周りにいなかったので・・・・


早く近代美術館にも行かなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

深大寺蕎麦は評判どおり美味しかった!

植物園に行った帰り、有名な深大寺蕎麦を食べました。

蕎麦通の方なら誰でも知っている所なのでしょうが、今まで一度も食べに出掛けたことはありません。


深大寺蕎麦は、その名の通り深大寺の門前に沢山の蕎麦屋さんが建っています。
その数20軒以上・・・・

深大寺そばが有名になったのは元禄年間、天台宗関東総本山東叡山寛永寺御門主第五世公弁法親王に蕎麦切りを献上して賞賛を得てからと言われています。


どの蕎麦屋が良いのか全く分からず、通りの真ん中辺りにある「湧水」というお店に入りました。

連れはざるの大盛りを、私は山掛け(温)を頼みました。
とろろの中に卵が入っています。

蕎麦通というほど食べ歩いてはいませんが、ここのお蕎麦は蕎麦の味がする蕎麦らしいそばです。
(本来当たり前のことですが、中には値段の割には蕎麦の味のしないお店もあるので・・・)

温かいお蕎麦は時として麺が少し柔らかいお店もあるけどここではそんなこともありませんでした。

一つ難点を言うと、ちょっとばかりおつゆが辛かった。
まあ関東風ですから仕方ないですよね。

お値段も良心的で、観光地値段じゃないのが嬉しい・・・・
安くて、美味しくて、言うこと無しです!

深大寺蕎麦がこんなに美味しいとは知りませんでした。
また食べに来たいです。Zarusoba

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クラシックがメジャーになった♪ part2

またまた、「たけしの誰でもピカソ」でクラシック音楽をやっていましたAonp1_2

前回を受けてモーツァルト特集です。
何と言っても今年はモーツァルトの生誕250年ですからやっても不思議でありませんが、でも、この番組でこうしたテーマを繰り返しやるようになるとはこの番組が始まった頃には想像もしてませんでしたわ。

熊さんの彫刻作品とかは昔よく見たんですけど・・・・


こうした番組のいいところは特に有名な親しみやすい作品の触りの部分を聞かせて
作品のエッセンスを分かりやすく説明してくれる点でしょう。

特に、モーツァルトの曲は誰にも耳に心地良い作品が多いのでクラシックビギナーにもとっつきやすいのだと思います。

クラシックファンがもっと増えて、ブームに関係なく定期的な番組を民放でも色々な形で持ってもらえるといいですね。

民放はコマーシャルで成り立っているから大曲を流すのは難しいのかもしれないけど、そのうち情報社会の流れの中でテレビの役割が変わってくるとクラシックの放送の仕方も工夫できるようになるかもしれません。


勿論、演奏は生で聴くのが一番です(何も音楽に限ったことではないでしょうが)が、
そうは会場に足を運べませんから・・・・

映像から入ってくる音楽となればもうテレビの役割は絶大です。

少し前の話になってしまいますが、NHKで放送していたスクリャービンの
「プロメテウス」、あれは実に素晴らしかったです。
普段ピアノ曲ぐらいしか耳にすることが無いので・・・

勿論曲もすばらしいけど、光の映像も素晴らしかった。
象徴絵画のような曲とは正にこのことではないでしょうか。
(作品のイメージはかなり異なりますが、ラヴェルの曲を聴きながらモネの睡蓮を鑑賞している所を
想像してみてください。実際にはカンディンスキーかモンドリアンに近いかもしれません。)

スクリャービンの作品が100年前に書かれたことを考えると、彼の才能に驚嘆です。
当時は再現するのが困難だったでしょうから、きっと映像は頭の中で描いていたんで
しょうね。今の私達は科学の力で克服できるのでとてもラッキーです。


そう言えば、来週月曜日。
私の大好きなMan14e_1  番組でフジ子・ヘミングHeart00の特集をしてくれるんです。

もう今から楽しみ。。。。

彼女の数奇な運命のドキュメンタリー番組を数年前NHKで見てから、その日にファンに・・・・・
彼女のCDは直ぐに買いました。

もう、リストなんて素人でも感動するくらい素晴らしいですね。
ピアノに詳しい方には私の感想なんて薄っぺらなんでしょうが、何と言っても音に陰影があって透明感があって優しかったり厳しかったり・・・・・

彼女のDCジャケットがまた素敵なんです。
ある意味でリストの作品のイメージと対極のような気もするのに、とても癒される優しい作品を書いていらっしゃいます。
彼女の人柄が前面に出ているような気がします。一度個展を拝見しましたけど
どの作品も可愛らしくて、思わず欲しくなってしまいました。

クラシックはいいですね。本当にいいです。
(因みに私が徒然に書いているお話にBGMでクラシックを流しているので、作品名を当ててくださいね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実に久しぶりの再会

会っても直ぐに顔が分かるかしら・・・

お互いに同じことを心配しながら小田急ハルクの待ち合わせの場所に・・・・
その心配は全くの杞憂でした。
「久しぶり!全然変わってないじゃない。」
(
それなりにお互い年を取ったであろうことはこの際忘れて・・・)


何年ぶりに会ったでしょうか。
ここ数年はご無沙汰で年賀状だけのお付き合い。。。
会うのは彼女のオフィスが丸の内から郊外に移って以来だから・・・・うーん、まあいいか。だって全然変わっていなかったのですもの。


彼女は大学時代の友人。
HPからメールを送ってくれたのです。
暫くぶりだから、外見は勿論好みや思考も変わったのではないかと少々心配したものの、話し始めるや否や全く昔の儘。

ランチを取りながらお互い喋りに喋って何と5時間半!
流石に余りの長居はお店に悪いと思って一度は店を変えたものの(お店の方には三回もお茶を入れ替えてもらいました・・・(謝))、そのままtea timeに突入でケーキを食べつつ話題は尽きず・・・・・

因みに、お昼は「大志満」で懐石料理を頂きました。季節料理の食材をふんだんに使ってなかなかgoodでした。小松菜は江戸菜と仰っていました。でも話に夢中で余り味わえなかったの・・・(お店の方御免なさい。。。その代わり今度お邪魔したら梅鉢をtryしますね。)


実に楽しい時間を過ごしました。

彼女も結構温泉好きFree_002_03_1 。私が情報を貰うつもりで秘湯のスタンプ帳を持ってきたので、ここがいい、あそこがいいと盛り上がります。

最近では、混浴の温泉地では女性用にタオルを用意しているところが多いのだそうです。
(知らなかったわ~
混浴を余り気にしない彼女からアドバイスを貰って、今まで混浴しかない温泉には例えどんな名湯でも行かないと決めていたのですが、少し考えが変わりました。

今後はチャレンジしてみようかと思います。


そのうち彼女がGWにバリ島に行くという話から話題が海外旅行の話に移って更に盛り上がりました。
彼女は東欧が好きで私が行った事の無い場所の面白いエピソ-ドを色々語ってくれまます。

彼女はずっと旅慣れていて、旅行は一国滞在型。エアチケットのみでホテルは大抵現地についてから取るのです。
時間的ロスも生じるけどそれがまた面白いのだとか・・・・
私も何れはそんな経験をしてみたいけど。。。


一番盛り上がったのが彼女の会社の更衣室での話。
彼女が不思議に思う光景と言いながら話してくれたその内容は・・・・・

若い女子社員は着替えるのに相当時間が掛かるのだそうです。
彼女とかもっと年配の社員はさっさと着替えるのに若い子達はどうもそれができない・・・・

不思議に思って観察してみると、若い子達はスカートを穿き替えるのに自分のスカートを脱がないでスカートの上にスカートを穿いてそれから自分のスカートを脱ぐのだとか・・・・

何でそんな面倒なことをするのかしら?脱いで穿けば直ぐじゃない?
私は制服という世界を早期に卒業してしまったので、最近の事情は全く知りません。
そこで、不思議に思って彼女に聞くと、
最近の若い方はスカートの下にスリップを付けないのだとか。
パンストも穿かないし、だからじゃないの・・・

でも男性の前ではこちらが恥ずかしくなるようなスリットの入った超ミニなスカートを穿くのに、女性社員しかいない更衣室で何で人目を憚るのかその行動は今一理解できないけど・・・・・
彼女は私の感想に満足したようでした。

「洗濯物を入れる時間までに帰らなくちゃ・・・・」彼女のその台詞で今日はお開きに。。。
来月も会いましょうと約束して別れました。

学生時代の友人って本当にいいですね。
久しぶりに会っても時間を埋められる話が一杯あるから・・・・

彼女と卒業旅行でヨーロッパに行ったことが懐かしいわ。。。Msfl11b

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

相互リンクは友達の輪

密やかに作っているHPにお立ち寄り下さった方が、また相互リンクをして下さいました。

世の中に星の数あるサイトの中で目立たないサイトに来てくださる方に不思議な縁を感じるのは私だけでしょうか。

HPを作っているなら勿論アクセスが多い方が嬉しいに決まっています。
でも、特別なことでも書いていなければそうそう訪れて頂ける訳ではありません。
まして、私のような趣味のサイトはなお更です。
癒しを扱っているといっても深刻な人生相談のサイトでもないし、お店や商品紹介のサイトでもありません。
そんな中で、読んでくださってリンクしてくださるのはとても嬉しいことです。

自分の世界も広がるし、同じようなことを考えている人たちとお知り合いになれるのはネットの世界の強みですね。
現実の世界では、東京に住んでいる私が地方の方とお知り合いになれることは滅多にありえないですから・・・・・

これからも少しずつリンクの輪を広げていけたらいいなあと思っています。

実は今回初めて私のHPって男性の方にも読んで頂けるのだということを知りました。
ちょっと意外ですが、正直嬉しいですMan14e
(内容が女性向けのような気がしていたので・・・)

今後は性別関係なく男性の方にも読んで頂けるよう、こつこつと内容を増やしていきますので、これからもどうか応援宜しくお願いします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仲之公園の不思議な花。。。

せっかくの穏やかな日和、家でじっとしているのは勿体無いので散歩に出かけました。

近所のソメイヨシノはもうかなり散り始めていて風が吹くたびに花びらが舞っていきます。

暫く歩いていると、近所の公園で不思議な花を発見!

1606086_img

一つの枝なのに紅白の花をつけているんです。
不思議でしょう・・・・・
とっても可愛らしい花です。

あとで植物図鑑をみたら、どうやらこの木は花桃で、紅白の咲き分けのできる源平という種類のようです。
1本で2倍楽しめるなんてなんて優れものの植物なのかしら・・・・・

この年になっても知らないことばかりでとても勉強になります。

そして新宿御苑の桜の主役は八重桜に移っていました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

感謝の気持ち。。。

昨日、毎日メールをやり取りしている友人と何時ものように何気なくやり取りをしていたら、
彼女のメールの中で
「お姑さんとも実家とも上手におつき合いできて、その点では貴女はとっても幸せよ。
世間ではそれで苦しんでいる人が多いのよ。」
と書いてきました。

私の義母は義父が亡くなってからずっと一人暮らしをしています。
義妹の家に週3日ほど通う生活を続けていますが、基本的には一人です。
高齢の義母に一人暮にらしにさせていて申し訳なく思っているのですが、義母も一緒に暮らせば何かと大変と分かっていて、今まで同居を求められたことはありません。

おかげで、世間にあるような嫁姑問題に巻き込まれたことは一度もありません。

義母はどちらかと言うと大雑把な性格で私は結構細かいところが気になるタイプだから、同居したらいらいらするのはきっと私の方です。
うちの人も義母が元気な間は偶に顔を出せばいいと思っているようで、今の関係でいいかなと思っています。実にありがたい事です。

実家の方はというと、家は義母の家と反対方向で、同じく車で1時間ぐらいのところです。
便りが無いのが元気な便りということで、仕事が忙しかったこともあり顔を見せるのは今でも1年に一度程度。
若い頃病気がちだった母も今では元気、二人揃っているので何の心配もありません。実にありがたい事です。



実は、ここ数ヶ月何となく鬱々とした毎日を過ごしていました。
癒しのHPを作っている本人が気が塞いでいると言うのは実に変な話ですが、実際気分が晴れなかったんです。

過去のこれまでのことを色々振り返ったりしていました。
家族のことや仕事のこと、もろもろです。

今の私に至るまで大きく影響を受けた人がいます。彼らがいなかったら多分今の自分は無かったと思う人達です。

そんな人達のことを考えたりしていたら、何だか突然不思議なほどに感謝の念が湧いてきて・・・・

何度か会社を変わる中で、嫌な思いをしたことも多々あります。同僚の嫌がらせとか上司のパワハラ、リストラまで、実に色々なことがありました。

今は仕事を辞めて人生の空白状態です。
色々考えて思い至ったこと・・・・

「でも、そういうことが無かったら今人に感謝するという気持ちも起きなかったかもしれない。」

それを考えると、嫌な思いをした人も含めてこんな気持ちにさせてくれて何故か今では素直にありがとうという感謝の気持ちが湧いています。

実に不思議な感じ・・・・本当に不思議だけどMan13b
多分、昨日久しぶりに美味しいものを頂いてまったりした気分を味わったから、余計に感謝の念が湧いているのかもしれません。
(美味しいものの方は近々HPでご紹介します。)




こんなに感謝の念が湧くなんて人間のできていない私には滅多にないことだろうと思うので、忘れないうちに書いておこう。

ebi様、貴女のお陰でこんなに感謝の念が湧きました。
貴女のさり気無いメールが無かったら、きっと人に感謝することなんて忘れていたかもしれません。
貴女のような友人を持ててとても幸せMan12h !感謝します。

そして、今まで会った人、全てに感謝です!!
(昨夜は何だか興奮して、余り寝られませんでした。こんなに人に感謝できるなんて何でだろう・・・?)


もしかして、癒しの究極のお薬は感謝の気持ちかも・・・!?Msfl13v_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々のブログです

エイプリルフールが土曜日で、あっという間に新年度が始まってしまいました。

4月になったからといって私の身の回りに何が起きるでもなし、普段と同じように時間が流れていく・・・・
せめて気持ちだけでも心機一転。
テンプレートもこの時期に合わせて素敵に変身です。

でも、もうすぐ嫌な誕生日がやってきてしまうわ!!
ああ、また一つ年を取っていく。。。
(最近はもう鏡も見たくない状態。)


お花見Chip_01t シーズンを迎えて、週末は出かけることが多くなりました。
出かけたらなるべくその日のうちにHPをUPしようと思っているのに、なかなかできませんね。

テレビを見てしまうとついついそちらが優先になって・・・・
まあいいか、明日でも。という展開に。。。 

そうするとブログもいつの間にか間が開いて、書こうと思っていた記事も書けなくなっていく~

そろそろ物語も更新しなくちゃいけないのに。。。。
やることが無いと言いつつ、結構日々雑用に追われているみたいです。

今日はこんな所で・・・・ごめんなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »