« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

何故か一睡もできず。。。。

とうとう今日で8月も終わり・・・

朝から頭が痛い・・・
普段から夜昼逆さまのような生活になってしまっているのですが、何故か今朝は布団に入っても寝付けず、夜も白んできたので諦めておきることに。。。


起きると眠いんですよね。
眠いんだけど眠れない・・・・


原因は恐らくHPのせい。
HPを編集しなおそうとしてあれこれいじっていて夜も更けてしまったら、頭の中に疑問符が並んで眠れなくなったんだと思う。

実はフレームで作っているHPをCSSに変更してみようかと、知識もないのに色々錯誤中なんです。


それに、昼間、論理的思考とか言う本で、A∨BとかA∧Bとか言う例で、
「滑り台のある公園にはベンチがある。」
「鉄棒のない公園には砂場がない。」
「水のみ場のある公園には砂場がある。」
「ジェングルジムのある公園には滑り台とブランコがある。」
確実にいえるものを以下から選べ、とかの問題で頭を悩ましていたせいかもしれない。
(答えは鉄棒のない公園にはジェングルジムはない、なんですが。)

私の頭は論理思考的でない?!


理由は兎も角、眠れないお陰で、今朝は朝から洗濯をしてしまいました。
加えてこのblogまで書いてしまいました。

朝起きは三文の得といいますが、たまに起きてみると実にその通りですね。。。
やっぱり朝型にしなくちゃいけないんだわ・・・・
(でも昼間眠くなりそう・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きんかんの食感に吃驚!

突然、昨日から無性に焼き鳥が食べたくなって我慢できなくなりました。

そう、時々焼き鳥病が現れるんです。

「何処に行きたいの?」
「何でもいいから美味しい焼き鳥が食べたい!!」

hotpepperで新宿エリアから5件の地鶏の店をピックアップ。
最後はメニューの白レバーの文字で「新宿今井屋本店」に決めて19時に予約を入れました。
この店は比内地鶏を売りにしているお店です。


残念なことに白レバーは売り切れ・・・
しょうがないので普通のレバーを注文しました。レバーは比内地鶏ではないのですが、とろっとした絶妙な焼き具合に思わず感動です。

皮はパリパリです。大抵のお店は柔らかいままのところが多いですよね。牛蒡との相性も抜群です。
手羽先も皮の部分はパリパリ。お肉は弾力があって歯ごたえ十分。

今回初めてきんかんというのを食べました。きんかんというのは生まれる前の卵なのだそうです。
焼き鳥大好きのはずなのに今までこんなのがあるなんて知りませんでした。
卵の気味を半熟にしたような焼き加減ですが、外側の皮の部分が結構しっかりしていて口の中で噛むと不思議な感触でしたふ~ん、面白ーい。

わたもささみのようなさっぱりとした味付けで、食感的には少し柔らかくしたエリンギみたい。最初、なんだこれはと思ってしまい、思わずお店の人に訊いてしまいました・・・・

稲庭鶏うどんは、うどんに鶏がらスープが十分沁みこんだ煮込みうどんです。ちょっとスープが辛かったのが玉に瑕ですが、お肉は煮込んであってもぷるんぷるんでした。

最後に食べた黒糖ぷりんは牛乳に浸かっているのがちょっと残念だったわ。

でもお腹は大満足でした!!

(手ごねつくね)

(きんかん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久しぶりのビジネスランチ(?)なるものに疲労困憊!

昔ちょっとばかりご縁のあったビジネスマンとひょんなことから縁ができ、久しぶりに昼食でもと誘われて昨日出かけて来ました。

友人にその話をメールでしたらビジネスランチだね、スーツを着て行くんでしょうと言われたので慌ててビジネススーツを着ていくことに・・・・
(こんなの着るの久々。。。)

待ち合わせ場所は、暑いというのに昼間からファミレスのステーキ屋さん。
50代後半だというのに昼間からお肉か・・・・相変わらずタフだわ。
彼は野菜嫌いで処方された薬を飲みながらお肉を食べる人なんです。まあ、世に言う贅沢病ですね。


彼は私の知るビジネスマンの中では異色中の異色で、ご縁がなければ絶対お付き合いすることのないタイプの方です。
その辺では滅多にお目に掛かる事のない超変わり種。

一言で言えば策士(御免なさいね・・・でもそうなんだもの)
ビジネスの仕方は非常にブローカー的です。
(この点が私の苦手なところなんです。ブローカーをご商売にしている方には申し訳ありませんけど・・・・)

有名なN證券時代は裏街道まっしぐら。走った後はぺんぺん草も生えないという某銀行も真っ青なウルトラ人生です。
マル暴、マルサとも顔が広く、政界官界、色んな人脈の持ち主。

ビジネスに必要ならどすもちらつかせます(おっと、これはものの縦えですが~)。
一昔前のビジネスそのまんまです。。。。

彼の信条は「男の矜持」。
二言目には「矜持」を持ち出し、任侠そのもの、浪花節が始まります。
勿論、右翼でもなければ左翼でもありません。彼自身は非常にドライな現実主義者で、彼の全資産は海外にあります。
日本の将来を当てにしていないの・・・・

彼は超資産家で、既に別れた妻が3人もあり只今4人目候補の愛人を数名お持ちです。
勿論分かれた妻子には高額の慰謝料と養育費を負担しております。
(これだけでも普通のビジネスマンと違うでしょう・・・・)


それでも彼をやくざだと言い切れないのは(○○さん、やくざなんて言って御免なさい!)、彼がアル中中毒者や、薬物中毒者の厚生の為に昔から尽力しているもう一つ別の顔があるからです。

彼は過去にこういう人達に接する機会があり、ある意味底辺に追いやられたこういう人達を現在の日本社会が受け入れるシステムに欠けていること、厚生施設もなければ、厚生後に受け入れる場所も無い、それ以前に依存症になる前に人々を救うシステムもないことに憤りを感じています。

彼は臨床心理士の資格も持っているんですよ。
だから彼の名刺を見た人は吃驚します。づらづらと書き並べた代表取締役の隣に臨床心理士と書く人は珍しいでしょう。

日本の将来を当てにしないといいつつ、息子の時代に少しでも社会がよくなるよう願っている人でもあります。


最近の不動産業界の動向からはたまた監獄法の改正案の話まで、短い時間にあらゆる話題が飛んで浪花節の議論に翻弄され、流石の私も疲労困憊!!

ビジネスランチでこんなに疲れるようでは、プータロー生活にすっかり馴染んだ身には最早社会復帰は不可能かも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高校野球が終わると8月も終わり・・・

久々のblogです。
お盆の週は久々に友人に会ったりして慌しく過ぎてしまいました。
気がついてみるといつの間にか高校野球も終わっている。。。
いい試合でしたね。どっちも勝たせてあげたい気分でした。

バスケは思ったほど頑張りが利かないというか、専門家から見れば想定範囲なのかな。。。
体格の差は如何ともし難いけど、サッカーにしろバスケにしろ世界との壁は大きいですね。
やっぱり野球ほど人材がいないということなんでしょうか。

残念だけどこれが現実なんでしょうね。


高校野球が終わると夏休みももう終わりっていう感じがします。
残暑は厳しいけどあと10日もすれば9月なんですね。

時間の経つのは本当に早いな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝から停電なんて勘弁して!

朝から停電・・・・

自然災害でもないのに突然停電。
ブレーカーも落ちていないし如何したんだろう・・・

マンションで事故でも起きたのかと思って管理事務所に電話をすると、マンションには異常はないとのこと。
原因不明。
東京電力に連絡しても繋がらないとかで、復旧の見込みもよく分からないと言われてしまいました。


朝からこれだともう家事はお手上げ!!
どんどん暑くなるのに冷房は付けられないし、パソコンを立ち上げても当然ネットも繋がらない。
テレビもラジオも付かないから情報も入らないし。。。

携帯で家族に連絡して漸く外から情報を得ることに・・・・


電気って便利で空気のように思っているから、いざ前触れもなく突然止まっちゃうともうどうしようもないですね。。。

電気の有り難味はよく分かったけど、自家発電のできない建物はいざという時本当に恐ろしい。。。
エレベーターの中に閉じ込められたら出られないし、想像するだけでも怖いわ。

復旧後、連絡があったのは
「アイスクリームは溶けなかった?」です。
平和なもんだ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒しのぷりん

久々に銀座でみもざ館に入りました。

銀座に昔からある老舗のカフェです。
とてもおいしいコーヒーを入れてくれます。

以前なら人影もそれほど多くなく静かでゆったりした空気の流れているカフェの筈ですが、久し振りに立寄ってみると、今日は日曜日だからでしょうか、とても混んでいて、初めて椅子で待たされました。


ここには古いディスクオルゴールがあって、定期的にお店の人がオルゴールの音色を聞かせてくれます。なかなかいい音色で時間が経つのも忘れるくらい。


さて、帰りがけ、レジの傍のケーキケースを見ると、ケーキに混じって「癒しのぷりん」という名のプリンが置いてありました。

プリン好きの私には見逃せません。家に帰ってデザートにすることにしました。

岩手県の酪農家 佐々木さんが作る『酪農家限定牛乳 いきいき3.8牛乳』でできたプリンだそうです。
一個250円。


夕食後に食してみると、なるほどMILK PUDDINGと書いてあるだけあってミルクの味わいの濃いプリンです。
甘さは少し控えめでどちらかというとあっさり。別封のカラメルをかけると、ミルクの甘さの引き立つプリンになります。

custard の味に慣れた舌には少し新鮮。
「癒しのぷりん」の言葉通り舌に優しいプリンです。
プリン大好きのあなた。どうかお試しあれ。

みもざ館では地方発送もしてくれるそうです。
みもざ館のHPはこちらです。
なお「癒しのぷりん」はシリーズ名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

学生時代の友人に久々に会って来ました

一年ぶりに実家に帰ることに。。。
(これも親孝行だろうと勝手に決め付けて)



久々に帰るので偶には会わない?と、高校の時の友人に連絡すると、彼女も今は時間ができたというので何年ぶりかで会うことに。



○○年ぶりに降りた横浜駅周辺はすっかり変わっていた・・・
シェラトンがあるなんて知らなかったし。。。。


ちょっと堅い話もあるからということで個室風の部屋を予約してくれました。
ここなら確かに話し込んでも隣の声が気にならないわ。



昔の友人というのは実に凄い。
久々に会っても、いつの間にか間合いは昔に戻って、学生の時のようにお互い言いたい放題です。

しかも互いに何となく似たような悩みを抱えて人生をうろうろしている最中だから、率直な意見はグサッと来るものの、妙に感心したり納得したりしてしまいました。
反発しないで素直に聞けるのはそれだけ互いに歳を取ったから???



彼女は昔から手先が器用。
こまごまするものを作ったり、ミニチュア(ドールハウスみたいな小物)を集めてみたりと実に女性らしい趣味を持っています。

何時かblogで日本の古き良き物を世界に紹介してみたいと言っていた彼女の生き生きした顔が、何となく憑き物が取れたようで新たな方向性を見出して進んでいるような気がして少し羨ましく思いました。
(彼女はアイディアマンなんです!)



下は彼女が作っている小物。3cm位かな。
縮緬でできている帯揚げのような布地でできています。
可愛いでしょう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

漸くイタリア旅行記をHPにUPできました

イタリア旅行記を何とか仕上げて漸くHPの方に載せる事ができました。

悲しいかな、時間が経てば立つほど記憶が定かでなくなり内容が怪しくなっていきます。

写真を撮って記録にあるものは未だいいとして、記録しなかった出来事はもう記憶の彼方です。
些細な事実でも結構面白いエピソードがあった筈なのに、あやふやになってしまうともはや載せるわけには行きません。

急いで整理したつもりですがもはやこれまでといった感じです。
旅の一端を感じて頂ければ幸いです。

さっき、何処かの番組でナポリの伝統的なお菓子が紹介されていました。
私が食べたのとおんなじ・・・
何だかついこの間のことなのに、もう懐かしく感じてしまいます。

旅はいいですね。
これまで駆け足で忙しなく生きてきてなかなか海外なんて行けなかったけれど、これからはやりくりしてでも出掛けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと安心したらこってりした物が食べたくなって・・・

予約していた検査が終わり、腺筋症の可能性が高く癌の確率は低いと思われますと言われて一安心。

只成長著しいので来週に生検をすることに。

腺筋症といえば胆嚢の時も同じ病気でまたかという感じ。
今度はどうなるのかしら・・・・・


平素平静を保っていた私も、流石に無意識下では気にしたらしく、今朝は検査の夢まで見てしまいました。
カルテには癌と疑わしいところにピンクのラインマーカーで印が・・・・

願望を表してか、担当医師は何故かイケメンの若い男性。
こんなに若い人が手術するの~っていう感じで私も麻酔は何処にするのかと質問したりする超リアルな夢で、思わず起きてしまいました。


そんなこんなでちょっと安心したら急にお腹が空いてしまい、夏だというのに何故か突然こってりしたものが食べたくなりました。

検査が終わった時間がちょうど夜7時過ぎということもあって、うちの人と銀座で待ち合わせ。。。
新橋に近いスペイン料理の店でお肉を食べました。

(私がお肉を食べるのは実に珍しいのです。特に夏はさっぱりしたものしか食べないので。)

頂いたお肉料理は、カスティーリア風といって、デミグラスソースとブルーチーズソースとワインソースの3種類のソースで食べます。

写真はうなぎの稚魚のガーリックソテー。熱々お鍋で出てきます。
(初めて食べました。)


生検の結果がよかったら今度は何食べようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »