« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

秋薔薇も素敵。。。

昨日は予報が外れて天気がよくなったので、薔薇を観賞しに久しぶりに「旧古河庭園」に出かけてきました。

ここは洋館が有名なところです。
(日本庭園もなかなかのものなんですが、やはり洋館には薔薇の西洋庭園でしょう。)
今年、国の名勝に指定されました。

薔薇は春と秋に2回見頃があります。特に秋のほうが季節がいいので長持ちなのだとか・・・・

昨日の雨で痛んでしまっている薔薇もありましたが、これから見頃を迎える薔薇もまだまだ沢山あります。

庭園内は甘い香りで一杯。。。。

皆さんカメラを片手にあちこちで撮影。勿論スケッチをとる人もいました。
喫茶室でお茶をしたかったんだけど生憎長い行列で今回も諦め・・・・
ここは何時も混んでいますね。

庭園内ではイベントも・・・・

こちらの詳しい紹介はホームページに掲載しているので、時間があったら立寄ってみてくださいね。薔薇の写真も載せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新庄選手おめでとう、お疲れ様

昨日は久しぶりにテレビで野球を見ました。(野球は疎くて。。。)

メジャーを放送するようになって日本の野球は益々見なくなったけど、昨日は終盤あたりでチャンネルを回して野球番組を見ていました。

新庄選手の引退試合と日本シリーズが重なったから・・・・

実は新庄選手も日本にいる間はどんな選手か全然知らなかったんです。せいぜい名前ぐらいで活躍ぶりはメジャーに行ってから。

昨日は彼の引退試合だから、中日ファンには申し訳ないけど日ハムに勝って欲しかった。

大リーグ辞めて日本に戻った時、彼は北海道を選びました。
勝手な憶測だけど、メジャーに行ってサッカーみたいに地元ファンと楽しむというのがどんなに素敵か知ったんじゃないでしょうか。

彼のパフォーマンスのことを色々仰る人はいるかもしれないけど、客寄せパンダでもいいと思ってやれる人はそうはいないと思います。
実力を伴ってこそできることでしょうから。
だから最高の舞台で引退できて本当によかったと思います。
札幌の人はとっても嬉しかったんじゃないでしょうか。

新庄選手、優勝おめでとうございます。そして、お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々に生オケを聴きました

友人に誘われてコンサートに行ってきましたAonp01

生オケを聴くのは何と!2年ぶり。。。
マリス・ヤンソンスのロイヤル・コンセルトヘボー以来です。
(随分コンサートホールに足を運んでいないなあ~)


やっぱり生オケがいいですね。オーディオセットも生には叶わない。

出かけて来たのは池袋の東京芸術劇場。この場所は初めてなんです。。。
「宇宿充人の世界」モーツァルトの夕べと題して、

  • アイネクライネ・ナハトムジークKV.525
  • ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調KV.364
  • 交響曲第40番ト短調KV.550

恥かしながらこの歳まで、宇宿充人という指揮者を知らなかったんです。
独特な雰囲気のある方なんですね
後援に日本フルトヴェングラー協会の名前を見て、なるほど、フルトヴェングラーみたいと思いました。

今年は生誕250周年でモーツァルトのコンサートはあちこちで行われていると思うんですが、一度も聴きに出掛けていなかったのでちょうどいい機会でした。
(何でも友人の会社ではまとめて席を買っているそうです。福利厚生の一環らしい・・・羨ましい限りだわ。。。。)

演奏のほうはというと、なかなかしっかりした演奏を聞かせてくれました。

ただ、ヴァイオリンとヴィオラのための曲は、特に1楽章でヴァイオリンとヴィオラが上手く噛み合っていなかったような気がします。
ヴァイオリンの音が時々掠れて音が途切れて聞こえるんですね。私の耳のせいかなあとも思ったんですけど、ちょっとひどくて・・・・・
音響のせいでないとすると楽器のせいか・・・???

今、CDで同じ曲(ロンドン響)を聴きながらこれを書いているんですが、やっぱりちょっと響いていなかったような気がします。

モーツァルトってどうしてこんな物悲しい曲なんでしょうかね。
アイネクライネは流石に明るいとは思うけど・・・


感動したのはアンコール。
予想外な音楽ができてたので思わず興奮!
(自分で書いていて誤解を招く表現だなあと思うけど・・・)

曲目はベートーヴェンの交響曲第一番の1楽章。
何でこれに興奮してしまったかというと、実は私が卒業した高校は、入学式で必ずこの曲を弾くんです(今でもやっているかは知りませんが)

この曲に感動してサークルは迷わずオケに入部。
先輩にしごかれたいい思い出の曲です。


コンサートはとってもアットホームな感じがして、普段のオケのコンサートとはちょっと違う雰囲気でした
宇宿充人に共鳴した人達が聴きに来ているのがよく分かります。
手作りな感じがとても伝わってきました。

モーツァルトも聴けてベートーヴェンも聴けたし宇宿充人を知ることもできて昨日はとても充実した夜でした。
よかったら一度「宇宿充人の世界」に訪れてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水って不思議ですね・・・

大阪の知り合いのうちで、不思議な本を見せてもらいました。

氷の結晶の写真集なんです。

それが、もう雪の結晶みたいにとても綺麗なんです。
不思議でした。
氷の結晶って、水だから水素結合なのかなあ・・・・
化学なんて中学以来まともにやってないからもう忘れてしまいましたが、写真には六角形のものもあれば四角のものもあるし、中には結晶といえないような不規則な様相な物もあって・・・・

色々な場所の水を凍らせて結晶を比較したりしているんだけど、水が汚いからなんでしょうか、場所によっては結晶と思えないようなものもありました。
東京の水は想像通り汚い。。。

湧き水とかの清水の結晶は綺麗でした。


その本の更にすごいのは、とっても信じられないんですが文字を理解している(?)結晶写真なんです。
正確には、文字を書いた人の意識を映し出した結晶かも・・・・

やはり「感謝」とか「愛」とか綺麗な言葉の文字を貼り付けた水は、綺麗な結晶を作りますが、あんまり上品でない言葉は綺麗な結晶を作りません。

この写真を見た時、ワインにモーツアルトの音楽を聞かせるととてもいい味になるという話を思い出しましたが、同じことかもしれないと思いました。

水って実に不思議。。。。
兎に角余りに綺麗な写真なので、現象を信じる信じない以前に水の凄さに感心してしまいました。

既にご存知の方もあるかもしれませんが、このblogを読んで関心をもたれた方は一度本を手にとって見ることをお勧めします。

江本勝/水の結晶写真集「水からの伝言」IHM総合研究所(波動教育社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「千手観音」に感激しました!

こんな素晴らしいパフォーマンスがあるなんて・・・・・

世界中で10億人が感動したというのも頷けます。


中国で唯一の障害者プロ歌舞団「中国残疾人芸術団」よる一流のエンターテイメント。全員耳の不自由な方々なんです。

素晴らしい音楽に合わせて一糸乱れぬ踊り。凄いとしか言いようが無いです。
5分54秒が永遠の時を刻むように感じられました。


10月から始まった日テレ新番組「極上の月夜」。
私がお風呂に入っている時に家族がテレビのチャンネルをあれこれ回して偶然見つけたらしい・・・・・

素晴らしいものをやりそうだと感じて、私のためにビデオに撮っておいてくれたんです。

振り付けが素晴らしいですね。
緩急利いた手の動き、体の動き・・・・
目の前に千手観音が現れたら正に斯くも在りなんというような踊りです。

月曜日の夜が楽しみになりました。
三輪さんがレギュラーだなんてそれだけでも見る価値ありそう。
来週はちゃんと見るようにしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

豊洲の新名所、LaLaport TOYOSUに行ってきました

江東区豊洲の新名所、ららぽーと豊洲に行って来ました。

10月5日にできたばかりのほやほやの新名所。。。

天気はまあまあだったけど海風がすごくて寒いくらいの天気。中にはコートを着ている人もいたくらいです。
(工場跡地だから吹きっ曝しなのはしょうがないですね。)


見て回った印象はと言うと、うーん、悲しいことに私は相手にされていないみたい。少なくてもターゲットに入っていないみたいでした。
コンセプトはデートカップルか若い家族連れの散歩コースですね。

生鮮食料品を扱っていないからdaily向けじゃないし、季節ごとの衣料品とか小物を買う人向けかしら。
kinokuniyaとか成城石井とかがあればまた客層が変わるかもしれないけど・・・・そういうコンセプトじゃないみたいですし。

家具の店もあったけど、果たしてここで家具を買う人はどのくらいなんだろう。アンテナショップ扱いなのかしれない・・・・
(有明にIDCがあるから本気で家具を買いたい人はどっちに行くんでしょうね。)


でも、まあ、ららぽーと豊洲の公式サイトには「過ごすだけで癒される場所」と銘打っているから、そもそも買い物客を期待している訳ではないんでしょう。
何となく過ごしてくれて、気が向いたら買い物してくれればいいですよってな感じなんでしょうか・・・・・
これでいいなんて、流石!三井不動産。
(後はテナントショップの努力次第・・・?!)

兎に角、今日は人が多かった・・・・人混みの中を泳いでいるみたい。
まるでできた当初の表参道ヒルズに行った時のようです。そこよりは広いから息苦しいほどじゃなかったけど・・・・・

ちょっと休憩しようとしてレストランに入ろうとしても何処も長い行列。未だオペレーションが回っていないからしょうがないんでしょう。

後一月もすれば落ち着くんでしょうが、対象にされていないからもう行く事は無いかも・・・・・?


ショッピングモールの前は海だし、広くてのんびりできます。
犬を散歩させている人も結構いました。
駅にほぼ直結だし、水上バス乗り場も近いからデートコースにはお誂え向きです。

子供向けのショップはたくさんあるので、小さなお子さんを抱えた家族には飽きずに一日過ごせるかもしれません。
若い方にお勧めですね。



これから退職を迎えるちょっと余裕のある団塊世代の人達が益々増えると思うけど、彼らがゆったり過ごせる場所は何処にできるんでしょう・・・・・
まあ、私が団塊世代を心配してもしょうがないけど、減っていく子供のテーマパークばかり増えて大人は一体何処にいくのかなあ~
(結構いいマーケットだと思うんだけど、そう思うのは私だけなのかも。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

古式ゆかしい流鏑馬

今日は、昼間から北朝鮮の核実験のニュースで持ちきりですが、政治問題の茶番劇的な傍観者議論はその筋の方々にお任せすることにして、秋の清々しい季節に相応しい行事のご報告です。


高田馬場をご存知でしょうか。
関東にお住まいでない方も早稲田大学の所在地と言えば名前ぐらいはご存知かもしれません。



今日はその高田馬場で流鏑馬が行われました。

高田馬場というからには馬場ですよね。。。。
江戸時代、幕府の弓馬調練所でした。
流鏑馬が奉納される穴八幡宮は直ぐ傍にあります。

穴八幡宮は八幡山と呼ばれたこの地に的場を築いて射芸の守護神として奉祀されたお宮です。

流鏑馬は平安時代に貴族の遊びとして始まったようですが鎌倉時代に武士の武芸として広く広まったようです。

八代将軍吉宗の時代に儀式が制定され、若君誕生や病気平癒の際に奉納されるようになったそうです。

今では毎年体育の日に行われています。



流鏑馬と言うと鶴岡八幡宮が有名ですけど、TVで見るぐらいで実際に見学したの今回が初めてです。
高田馬場の流鏑馬もなかなか立派でした。


今日は天気もよく炎天下の中、何と早い人は朝7時ごろから並んでいた人がいるそうで、私達が開催場所の戸山公園に着いた時には既に大勢の人が並んでいました。

これじゃあ人の頭ばかりで写真はうまく取れないかも。。。。

外人さんには珍しいようで、結構カメラを持った人がいました。
何せ、介添えや弓持ちを引き連れた射手の行列はまるで過去にタイムスリップしたみたいです。

いいですね~この雰囲気。。。まるで、5月人形の世界みたい。

流鏑馬を行うのは最初の3人だけでその後は平騎射というのに変わります。
平騎射は流鏑馬を簡略にしたもので服装も略装です。


途中で子供の疾走があり小さな子供が馬から落ちないように手綱をもっている姿はかわいかった。
(写真は疾走前の歩くシーン)





的は3箇所あるのですが、1つ目の的は当てやすいけど2、3つ目の的を当てるのは大変ですね。
馬の走る速度を調整して、ゆっくり走らせて3つとも当てる人もいるけど、大抵は馬の疾走に的を構える時間が間にあわず1つ当てるのが精一杯見たいです。
(馬が速すぎて3枚とも当たらない人もいました。)

疾走の中で的を当てるとかっこいいので歓声が上がります。

中に1頭だけ白馬がいたのですが、この馬が結構暴れ馬なのに疾走が終わって戻る段になるとまるで流鏑馬が嘘だったかのように悠然と歩くので、聴衆から拍手喝采を浴びていました。

やっぱり白馬というのがいいですよね。。。それだけで絵になりますし。

写真は矢を放った瞬間を撮ったものですが、分かり辛いので今回は少し大きめの写真を載せてみました。
(2枚とも平騎射です。)


最初の射手は扇を挙げる儀式をします。


3枚の的を全部いると栄誉として白い布を肩に掛けてもらいます。

流鏑馬が終わると射手他の人達が穴八幡宮に儀式の終了報告に向かったので後に付いて行きました。


射手の方々がカメラの前でポーズを取っていたので撮らせて頂きました。
外人さんたちが撮りたがるんですよね。。。
後、小さな男の子とかの親が一緒に撮らせて貰っていました。
逞しい子に育ってほしいと思うのが親心なんでしょう。






確かにかっこいいと思いますよ。
時間がゆっくり流れて昔の日本はこんな風だったんだなあって感じます。

こういう日本の文化って何時までも無くならないでほしい。。。。

皆さんも機会があったらこういう儀式に触れてみては如何でしょう。
日本文化のよさを思い出させてくれるんじゃないかと思います。
(こういうことができるのも日本が平和な証拠ですしね。平和ボケとは違いますよ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やせて嬉しくもあり辛くもあり

お風呂から出ると体重計に乗るようにしているんですが、2日ぐらいサボって久しぶりに計ると何と体重が減っている!!

何で急に・・・・?

滅多に痩せることないのに如何したんだろう。。。。

それにしても、こんな体重になるのは数年ぶりだわ。



悲しいことに昔ならルンルンなのに、朝からけったるいのはこのせいだったんだとわかるとちょっとショックです。
体力落ちたなあ~
歳のせいだ。。。。
運動不足がたたったんだ・・・・


嬉しいけど辛い・・・・
何にもする気が起きないです。

ちゃんと食べて少し戻さないと、と思っていた矢先、お腹の調子も悪くなってしまいました。
最近食べすぎが続いていたからとうとうお腹に来たんだわ。。。。
お腹壊すと一ヶ月は直らないから・・・・暫く甘いものもお預け。。。。

そう思うと益々甘いものがほしくなる・・・・・


折角痩せたのに、お腹の薬飲んでまた元に戻すなんてホント最低です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »