« ルーシの国に出かけていました | トップページ | 車ねえ・・・・ »

アメリカナイズのホームパーティは疲れる・・・・

昨日、連れの仕事の関係で某ベンチャー社長のお宅のホームパーティに呼ばれてでてきました。


仲間内でワイワイやるパーティは気兼ねが要らないので楽しいだけですが、半分仕事のような感じで然も連れの同伴という立場は所在が無くて疲れます。


同様に仕事の関係で来られた方の奥様は、海外生活も長いのでホームパーティには慣れていらっしゃるようでしたが、それでも時間が持たないのでお愛想笑いを浮かべてやり過ごすしかないと仰っていました。


子供が主賓なので、小さな子供連れの奥様も結構来ています。
育ちのよさそうな子供達が大勢集まって遊んでいました。

パーティには社長の取引先や学校の先生が参加していました。

外資系会社の将来社長候補と思われる人は可愛いベービーを連れて家族連れで来ていました。
英語が話せないので挨拶だけ・・・・


今回のパーティは、上の息子さんがアメリカの慶應の学校に行くのでそのお祝いだとか・・・・
ついでに二人のご子息の誕生日会も兼ねているのだそうです。


お金持ちの子供は実に恵まれていますね。ここまでして上げられるのは親の財力のお陰ですが、親ばかもここまでいくともう立派としか言いようが無いです。
取引先の賓客用バンケットルームを借り切って息子の祝いをするなんて庶民の感覚では付いていけません・・・・豪華シャンデリアが眩しい・・・・
(スピーチで息子自慢に会社自慢とは羨ましい限りです。格差論議ってこういうことから話題になっちゃうのかしら・・・嗚呼、貧乏人の僻みだわ・・・・)


秘書の女性が受付嬢でした(お疲れ様です)。


こちらのお宅はホームパーティが大好きで度々なさるようです。
連れは桜というか欠席者の埋め合わせなのか枯れ木の山の賑わいで時々借り出されています。


私はこういう席が苦手なので普段は遠慮していますが、今回は夫婦でと念を押されたみたいなのでお邪魔してきました(病気見舞いのお花を頂いたことだし・・・・)。


場を持たせるためでしょうか、マジシャンが来ていて各テーブルでトランプなどの小物を使ったマジックを披露してくれました。

目の前でやってくれるのですがなかなか見抜けません。
人の思い込みとは恐ろしいもので、私はプラスティックを持たされていたのにトランプの束だと思い込んでいたので何処で摩り替わったのか分かりませんでした。


程ほどのところで、子供だけが残り(誕生日会ですから)大人たちは会場を後にしました。
知り合った奥様を誘ってお茶をして疲れを癒して家路につきました。
ああ・・・・疲れた。

|
|

« ルーシの国に出かけていました | トップページ | 車ねえ・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーシの国に出かけていました | トップページ | 車ねえ・・・・ »