« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

二度美味しいオペラでした

今回も興奮冷めやらぬうちに書いておかないと・・・直ぐ忘れる。。。。
(老化だな。。。)


まず、よかったです。
フィデリオを初めから通して全部見たの今回が初めてなんですが、滅多に上演されないのが惜しいです。もっと上演されてもいいと思いました。

確かに、モーツァルトみたいな軽妙さに欠けるしベルディのような浪花節にも乏しいかもしれないけど、如何にもベートーヴェンらしいオペラです。
一幕最初の4重唱なんてオケとのハーモニーが美しくてのっけから涙が出る。。。。


2幕の出だしのアリアなんて、まるでワーグナーみたい。



マルツェリーネ役の声はとても可愛らしく、ロッコ役の方もうまいですね。
アリアに役柄が滲み出て素敵でした。

2幕にしか出てこないフロレスタン役のテノールの声は痺れるくらいいい声でした。レオノーレ役は全般にそつがない感じです。(後は演技力かな。。。)

囚人達の4部合唱も素晴らしい。男性の声が陽の光を求めて歌う時底力を感じました。演出も自然でいいんですよね。




舞台の上が素晴らしい一方で、一つ難点を言わせて貰うと、ホルンが。。。。
おーい、何とかしてくれ~と言う状態でした。

特に1幕はもう駄目だしの連発です。ウィーン国立歌劇場管弦楽団のホルンがこんな体たらくでいいのか!練習不足なのと、けちを付けたくなる気分でした。
ウィーンフィルと同じレベルを望んではいけない???
(征爾先生可哀想~)


代わりといっては何ですが、今回初めてティンパニの音がこんなに甘くて色っぽい音だとは知りませんでした。実にいい音なんです・・・

トロンボーンは滅多に出番がないけど実に効果的な出方をしているんですね。
(3本あるけど、3本目はレオノーレにしか出てこない・・・・レオノーレが終わるとみんな出番がない。。。ワーグナーじゃないからな・・・)

弦はもう何も言うこと無いです。



休憩中、ホルンの文句を言いつつ素人の俄かコメントで盛り上がった所で、2幕の始まりです。

母は、フロレスタン役のローバート・ディーン・スミスの声に超ご満悦。
確かにいい声です~~



15番目の歓喜の歌のアリアが終わると一旦幕が下りて、レオノーレ第3番が始まりました。
もうここだけ切り取って別のコンサートで聴いてもいいくらい超素晴らしい。
小澤征爾の腕が自在に動きこぶしも上がります。。。
ああ~、二度美味しいオペラだわ♪


最後のフィナーレを聞くと、ハッピーエンドでも滅多に上演されないのが分かる気がしますが、その代わり第九を聞いているような崇高な気分になれます。


後半(2幕)になってオケが目覚めたように素晴らしく、筆が走るように弓も走り混声合唱も盛り上がりソリストも高らかに歌い上げて大団円でした。



カーテンコールは嬉しくなるほど何度もしてくれました。
電光字幕に「文化勲章受賞おめでとうございます」の文字が出て、会場が更に盛り上がりました。
お祝いも合わせての?超特大の花束です。


「ロバディーン」と叫ぶ掛け声を何度も耳にしました。きっと熱烈なファンなんだわ。




クラシックにそれほど興味がなく明らかに話題づくりできているようなおば様方がいらっしゃる一方で、オーケストラボックスの団員と挨拶を交わす知り合いと思しき方が意外に多いのも吃驚しました。

ムーティの時とはまた違うとても素敵な時間でした。
楽しい時間はあっという間に過ぎていく・・・・

余韻に浸りながらも、会場を出た途端、銀杏並木の独特なにおいでちょっと興が削がれたのが難点でしたが。。。


フィデリオは来月1日に最終日を迎えます。
1日にお出かけ予定の方、是非楽しみにお出かけくださいませ。


(ホテルニューグランドのハイティー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

甘露、甘露!

興奮冷めやらぬうちに書いておかねば・・・


昨日は開場時間に合わせたかのように土砂降りの雨になりました。
着物やロングドレスで来た人にはちょっと災難だったでしょう。
傘をお持ちでない方もいらっしゃいましたので・・・・
(こんな時、駅と地下で繋がっていたらと思います。)



お清めの雨?が降った後の公演はもう何も言えないです。
極上の時間と言えば余りにありきたりですが、ムーティの音にとろけるよう。
思わず涙!

最近、モーツアルトでも前衛的な舞台が散見されるので、オペラの王道と言うかオーソドックスな演出は見た目にも心地良く、総合芸術の美しさを遺憾なく発揮した舞台でした。

当然オケもいいし、アリアもよくて舞台も美しいとなったらもうなんていっていいか表現の仕様がないです。夢心地とはまさにこのこと?

「風にも嵐にも」のアリアはとてもよかったし、「女は15にもなれば」は何回聞いても楽しい。
素直にモーツァルトを楽しめました。




生憎席が斜めだったので舞台の手前側の袖がよく見えず、効果的な演出を狙った船上での後半の掛け合いも見えませんでした。

その代わり何時も指揮者の背中しか見ることができないのに、指揮者の横顔が見えて楽しかった。
オペラグラスを持っていったお陰です。
ムーティは楽しんで指揮をしているように見えました。
(公演最終日だし、終われば打ち上げが待っているし・・・・)


デスピーナ役のアリアになると、左手ではっきりと意思表示をするような指揮をしていたのが目に付きました。
ノンノンの時は大きく首を横に振るし・・・


一番楽しかったのは、コントラバスです。
4人のうち2人が舞台を覗いているのが見えて面白い。特に3番目の彼はしょっちゅう舞台を見ていました。
登場人物が手前の方に出てくると立ち位置が彼の傍になるからなんでしょうか・・・

はじめは演奏の途中でチューニングをしているのかと思っていたんですけど、そうじゃないんですよね。

指揮棒よりも舞台を向いている時間の方が長い気がする。。。
特に教訓めいたアリアの時は多分本番でなかったら聴衆と一緒に笑いたかったんだと思います。
4人の中で彼が一番若いから他人事のように思えなかったかもしれない??

そんな風に思わせるほどとっても自然で耳に心地良く楽しいオペラでした。
キルヒシュラーガーの声もダルカンジェロの声もうっとり・・・

個人的にはテノールはもう少し艶っぽい声の方が好きだけど・・・今回の役どころだとシャーデのような声がいいんでしょうね。




欲を言えばカーテンコールの回数が少ないのがちょっと寂しい。。。。
ミュンヘンの時なんて、舞台の大道具の人が片づけを始めているのに一人拍手に応えて現れてくれたのに・・・・サービス精神ないな。。。


帰る時、休憩時に軽食を取ったホワイエの奥に打ち上げのための料理が並んでいました。
わあ、ここでこの後打ち上げがあるんだ~
ホテルでやらないのかなあ。。。移動時間が勿体無いからかなあ。。。
混ざりたいなあ。。。


帰る時には雨は止んで空は晴れていました。



征爾先生のフィデリオもとても楽しみです。
レオノーレ3番生で聞けて本当に幸せ。。。今からワクワク。。。
(帰りの電車が心配だけど)

こんなに毛色の違う音楽を自由自在に操れるなんてやっぱり世界一の歌劇場のことだけありますね。現金なもので久しぶりに腕の痛みも何処かに飛んでくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ムーティのコシ

あっという間に半年。。。


チケットを買う時は半年後なんてどうなっているか分からないと少々不安になりながら電話をしたのに、あっという間に半年経ってしまいました。


一ヶ月前ぐらいから、明日は絶対仕事で夜遅くなるようなスケジュールにしないでねと念を押していたのですが、何時の間にか明日になっていました。


そうです、明日は上野にムーティの「コシ・ファン・トゥッテ」を見に行きます。
ところがさっきまで公演は明日なのに少しも実感が湧かず、待ち合わせ時間を決めた時もその気分になっていませんでした。



さっき母親が電話をしてくるまでは・・・・

征爾の音楽監督最後の公演「フィデリオ」を母親と行くことにしていたので、その待ち合わせ場所と時間を確認しに電話をしてきたのです。
「あなた達は明日上野でしょう。夕飯はどうするつもりなの。」
「別にコンビニのお握りで・・・」
「・・・・・」(絶句だったようです)



年寄りは疲れるのよと言う母をなだめつつ、すったもんだで何とか時間と場所を決めて電話を切ると、そうだ明日なんだと言う気分になってきました。

万が一のことがあるかもしれないと切符は夫々が持つことにし、私がコンビニで軽食を買って18時に待ち合わせることにしました。

普段夜中に帰宅する連れがどうやって仕事の調整をしてくるのかは見ものですが・・・・
(株価が戻って中小企業が生き延びられる経済環境になれば問題なしなんでしょうが。。。)




気分を盛り上げようとちょっと検索してみると、既に某blogで書き込みがありました。
新聞の講評は21日の公演で出ていましたが、個人の方の感想を見たのは初めて。
とてもよかったとのこと。

土曜日の公演を見てこれたなんていいなあ~

私も土曜日に行きたかったけれどもう最終日のチケットしか買えなかった・・・・


でも、お陰で明日は余計楽しみになりました。
最終日なので、何かハプニングがあるかもしれません。ワクワク。。。

ウィーン国立歌劇場の観賞は「トリスタンとイゾルデ」以来です。
ワーグナーとモーツァルト、全く違う世界だけれどどっちも素敵なオペラですよね。


モーツァルトはドン・ジョバンニが好きだけれどコシも同じくらい好きです。
ムーティだし・・・・

そして貴重なフィデリオにはもう小澤先生に感謝のみ。
今日の公演は如何だったのかなあ・・・・誰かblogに書いてくれないかなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジンジャーティー

今日は一日雨でしたが、夕方から止んでいます。
西の空が明るくなって明日は晴れ!ってな感じになってくれるといいのですが、今一ですね。



先日病院に行くと、体が冷え過ぎているので効果が出ないから生姜を飲みなさいと先生に言われました。

生姜か・・・・

最初に思いついたのがピンクジンジャーのドリンク。
お店で訊くと生憎品切れ中。
急がないので取り寄せてもらうことにしました。


次に思いついたのがジンジャーティー。実はジンジャーの紅茶は飲んだことがないんです。
早速紅茶専門店に行くと、ジンジャーティーは品切れ。
今度何時入荷にあるかも分からないとのこと。

付いていない時は付いていないものですね。ガッカリです。

「単品はないけれど、ブレンドならありますよ。うちの定番なので・・・・」
「・・・・?」

その紅茶は、ジンジャーにベルガモットとシナモンをブレンドしたシャンデルナゴールです。
うーん、結構個性強そうだなあ・・・・ブレンドだとジンジャーはどの位入っているんだろう。
エキゾチックな香りだけどうーん、なかなかどうして・・・美味しそう。。。。



「こちらはルヌ ルージュ。ジンジャーと薔薇です。紅茶ではなく半発酵のお茶ですが。」
思わず薔薇の言葉に反応・・・

もう一つ名前を忘れてしまったけれど、オリエタル風の半発酵のジンジャーティーを出してくれました。
こちらは3つの中では一番香りが穏やかで普通のウーロン茶みたい。




3つも買うわけには行かないので相当迷ったのですが、効能を期待するとすればシャンデルナゴールかなあと思いつつ、でも、薔薇も捨てがたいと思っていると、
私の中を見透かしたように、

「ルヌ ルージュは素敵な名前でしょう。配合者が母親を思って作ったお茶で、これから秋の夜にぴったりですよ。このお茶は持っている人が少ないからティーパーティーしても絶対喜ばれますよ。見ているだけでも綺麗だし・・・」

もう、乙女心をくすぐるような商売上手なくどき文句!


結局、2種類のジンジャーティーを買うことになってしまいました。



我が家は、紅茶党で、お土産やら何やら下さる人は大抵、紅茶。紅茶をあげて置けば無難と言うことのようです。
お陰でもう一生分と言えるくらいの紅茶が家にあります。
だから紅茶を買うことなんて、滅多にありません。


普段はお茶ッぱで飲むのが面倒で、ティーパックの方から消費するのでかさばるお茶缶が食器棚の奥のほうにごろごろしています。
腐らないからいいや・・・と思いつつ風味はとっくに飛んでいるんだろうなあ~



久しぶりにお店で新鮮な紅茶の香りをいただいて幸せな気分になってしまいました。
キーマンの話で盛り上がり、ちょっと贅沢と思いつつフレバーティーの嫌いな家族のために女王様も飲んだと曰くのキーマンも買うことに。
(ダージリンやセイロンティーをくれる人はいてもキーマンをくれる人はいない。。。)


お店の人が今日入荷したばかりの珍品ですと言って、ダージリンの白茶を見せてくれました。
「メロンのような香りがするでしょう。」
ちょっと大袈裟かと思ったけど、確かに甘い果実の香りがする・・・・本当に菊の裏葉のように白い・・・・

「こちらも多分今週で売り切れちゃうと思いますよ。」
そうは言ってもダージリンまで買うわけには行かないし・・・・やっぱり紅茶も新鮮じゃないと駄目だわと思いつつお店をあとにしました。



早速お茶をいただくことに・・・(キーマンは休日に開けることにしました。)
シャンデルナゴールは個性的。ミルクでなくても飲めます。私はミルクが苦手で普段はストレートです。

ルヌ ルージュはウーロン茶がベースなので紅茶よりも柔らかい。
お湯を注ぐとピンクの薔薇がぱっと開いて可愛らしい・・・ジンジャーもこんなお茶だとやさしい味わいになります。
秋の夜長にぴったりです~♪

お店の2階でも味わえます。茶葉を買うほどでもないと言う方はティータイムを楽しんでみてはいかが。お勧めですよ。
マリアージュ フレール

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダブルパンチ~

しばらくぶりのBlogです・・・・

天気は快晴で、行楽日和が続いているというのに、私ときたらもう体調不全。



ちょっと前から、股関節の調子が悪くて歩くとカクカク音を立てるようになってなんだろうと思っていました。
(ほっときゃ直る。。。)
只でさえ腕が痛いのに足までとなるともう満身創痍(ちょっと大袈裟か・・・)



でも次第に関節の辺りが痛くなってきたのでしょうがなくて近所の整形に出かけました。


レントゲンの結果、
「骨は悪くありません。坐骨神経痛です。」
「坐骨神経痛って何ですか?あのう~初めて聞く名前なんですけど。。。」
「単なる症状の名前です。運動不足ですね。湿布を出しましょう。様子見てください。」
「・・・・・」



坐骨神経痛!?もしかして・・・・お年寄りがなる病気じゃないの~~


ああ、急にふけた気分!


腕も痛いのに、ついに足まで悪くなってしまった・・・・
運動不足なのは腕が痛いからだし・・・・


最近天気がいいので突然ジョギングなんてしてみたのが逆効果だったのかしら。

ダブルパンチで、かなり落ち込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

めちゃくちゃ痛かった。。。

朝は雨になるはずが晴れてくれましたね。。。
この時期は、天気がよくなると爽やかな感じですね。



整体に通い続けても一向に改善が見られないので、今日は生まれて初めて「つぼ押し」なるものを経験してきました。


血流やリンパの流れをよくして痛みをとるという手法だそうです。
鍼・灸みたいなものと類似しているんでしょうか。
(未だに、神経ブロック注射はためらっています。痛そうだし・・・)

最近は整体の先生も、ちょっとさじを投げている感じが見えるし、あれこれいじって腕以外にも痺れを感じるようになってしまったので寧ろちょっと不安になっています。。。

(最初は左腕だけだったのに・・・)



ところでつぼ押しなるものは木の棒みたいのでつぼを押します。
太さは様々。

ぐりぐり押すのでもう痛いのなんのって、半端な痛みじゃありません。
この年で恥ずかしくも堪え切れずに、痛いと声を上げ身をよじるくらいです。


想像以上に痛かった・・・・
子供なら絶対泣いています。


先生に終わった後、以前より痺れは改善していませんかと訊かれたのですが、痛みの方が強くて余りよくなった感じがしない。


こんな拷問みたいな方法で直るなら我慢も出来るけど、本当にこれで効くのかしら。
週1の間隔で10回ぐらい通ってくださいと言われたのですが、初めての世界、続けてみるべきかちょっと悩みどころです。
保険の利かない世界ですし・・・・



先生についでに牽引した方がいいのかどうか訊いたのですが、どちらも正しいと言われてはっきりしませんでした。
(整形の先生には牽引するようにと言われ、整体の先生には牽引しないようにと言われるのでどっちが正しいのか分からない。。。)


頚椎ヘルニアって本当によくならないですね。
先生に言わせると私の程度は未だ軽い方らしいけれど、泣きたいくらい痛みが酷くてとても軽いとは思えないです。
酷い時はお茶碗がもてない位痺れて痛いのに。。。


何とかしたいけれど一体どうしたらいいのかしら。温泉治療もその場しのぎで終わってしまいました。
もう痛みが続いて1年近く・・・


痺れが取れないとblogも億劫だし、パソコンも使えないので本当に困りものです。
どうしたらこの痛みから解放されるのか・・・・今も痛みと格闘しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御幸田の蕎麦の畑

久しぶりのブログになってしまいました。

相変わらず腕が痛いので、しゃかりきになって病院に通っています。。。。




この連休はとてもいいお天気になりましたね。
我が家でも、突然思い立って温泉に行って来ました。温泉飢餓状態が続いていたので、漸くフラストレーションの解消です。


書入れ時の連休に直近で空いている旅館なんて先ずありません。
当然のことながらリーズナブルなお値段でよさげな雰囲気の旅館は、関東近辺南から北まで何処もいっぱいでした。


今時ちょっとバブリーな旅館が空いていたので、少々迷ったのですが背に腹は変えられす、温泉の文字に負けて行ってきました。
(振り返ってみると今年は正月以来まともに温泉に行っていない!!)


10年ぶりの四万温泉です。
昔は、色々なタイプの温泉が楽しめる「たむら」に泊まったのですが、10年も経つとお風呂以外の印象は余り残っていません。

群馬の山奥の紅葉は未だこれからという所でした。



今回泊まった所はこじんまりとした旅館で、落ち着いた所に篭もって癒されたいという方にはお勧めでの旅館です。
(小さなお子さんを連れた家族連れの方も何組か見かけました。)
ただ、バブリーな割には料理はかなりせこいですが。。。



気の利く年配の仲居さんもいないのでマニュアル以上のサービスはちょっと無理。
女将さんもいないし・・・・売店では接客をせずに掃除をしている。。。足を止める従業員もいないし。
(売る気が全くないみたいでした。)


こちらの旅館は手厚いもてなしを嫌う、若いプチブルジョア向きかもしれません。
マーケティングは正しいかもしれないけど、売り手の発想だけで経営されている感じ。風情(温泉における文化というべきか)が感じられないです

客の視点に立っているかもしれないけれど、客の立場に立っていないんですよね。
お風呂はいいんですけど。。。

旅館名は伏せますが、カラフルな写真で温泉雑誌などで何度も取り上げられていて社長が「奇跡の軌跡」という本を書いています。
お客が一巡するまではこの路線でいけるんでしょう。




ちょっと腑に落ちないもやもや感を胸に抱きつつ、翌日は御幸田の蕎麦畑を見に行きました。
実は蕎麦の実は見たことがあるものの蕎麦の花は見たことがないんです。
蕎麦ってどんな植物かよく知らない・・・・

榛名山の麓、町の中心から少し離れた団地の向こう側にその畑はあります。
既に盛りを過ぎて、実をつけている花も沢山ありましたが、とても綺麗でした。


(榛名山方面)



(赤城山方面)


畑には白い花で緑色の実を付けるものと、赤い花に赤い実を付けるものがありました。

種類が違うんでしょうか・・・・
 


偶然にも新聞に蕎麦畑の記事が載っていました。

高齢化が進んで農作業のきつい稲作から楽な蕎麦へ転作が増えたことと、輸入品が品薄になってきている影響と解説がありました。


ただ綺麗だと感心している裏で、こんな事情があるんですね。
私は美味しい蕎麦が食べられればいいなあ、とだけ気楽に考えていたんですが、これからもっと蕎麦畑が増えていくのでしょうか。

いいことなのか悪いことなのか・・・・



帰りは水沢観音によって水沢うどんを買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コスモスが見頃です

昭和記念公園のコスモスが見頃でした。



ちょっと早いかなと思ったのですが、とってもいいお天気だったので出かけてきました。
こちらは都内最大級のコスモス畑があります。
その数何と411万本!!


昭和記念公園は新宿御苑の3倍もあるそうで、健脚がいりそうです。
勿論、園内はパークとレインが走っているので歩くのが嫌な方はこちらでまわることもできます。



バーベキューガーデンのコスモス畑

黄色は「モーニングライト」という品種です。





「みんなの原っぱ」にある黄色いコスモス畑は遅咲きで未だ一本も咲いていません(ちょっと大袈裟か)でしたが、白いコスモス畑(ドワーフセンセーション)は今が見頃の満開です♪

21万本だそうです。ずっと先まで白一色!




公園の一番北側にある、コスモスの丘(ドワーフセンセーション ピノキオ)は未だ3分咲きとのことでしたけど、なだらかな丘に沿ってコスモスの花畑が咲いてとても綺麗でした。


我が家は昨日でかけましたけど、今日お出かけになる方は入園料が無料です。
立川近郊にお住まいの方、今からでも遅くないですよ。

是非お出かけくださいませ。超お勧めです。


(26日も無料になるそうです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大学病院の先生も言うなあ~

今日は都庁の傍にある東京医科大学病院に行ってきました。


某課の紹介で整形外科での検査の結果を聞くためです。
担当だったK先生は優しい先生だったので、長いこと近所の整形外科にかかって整体に通っていることなんかも話して色々相談に乗ってもらっていたんですが、何と10月からK先生は初診担当になってしまいました。


まあ、カルテがあるから引き継いでいるだろうと思って、初めてO先生の診察を受けました。

「調子は如何ですか。」
「最近今一なんです。」
「整体に通っているんでしょ。」
「あんまり進展がないので他に変わろうかと思っているんですが。」
「病院を変えるのはあんまりよくないから最初の整形に戻ったら。うちは大学病院で手術をする患者が相手だからね。お宅は手術をするほどじゃないし。」
「・・・・・」



おーい、いくら大学病院に患者が集まりすぎて忙しすぎて困るからって、そうはっきり患者に向かって言うの~

だから大学病院の整形外科って嫌いなんです。
派手なパフォーマンスを示せるオペだけが整形外科の仕事だと思ってる。。。
私だって来たくてきているわけじゃないです。邪険に扱われるのが目に見えているから・・・・
これでも先生の前では低姿勢で見て貰えるように気を使っているんです。



それにしても、K先生との違いに唖然。

思わず、もう来るなってことですか(本当は検査結果のために来たのですが)、て言うと「整形の先生から紹介があれば見ますよ。」

ごもっともです。



そう言えば、以前聖路加の整形で初診担当の若い30ぐらいの先生に、あらゆる治療をしてきたかのごとくの断定的な物言いで、最後に捨て台詞のように、
「あなたがどの先生の意見に従うはあなたの勝手ですが、私の意見はこうです。」

ごもっともです・・・・
(海外の文献読んでから言ってほしいけど。。。。30で全てを知るのは早すぎない?)



何だか最近ちょっと違うような気がする。
大病院は守られているから何を言ってもいいのよね。
嫌なら来なきゃいいし、そうすれば患者も減って楽になる。
(個人経営の病院は患者が来なくなったら死活問題だけど・・・大学病院は嫌でも名前で患者が集まる・・・)


O先生は、整体がお嫌いのようでした。
私も以前は整体に縁がなかったので、本当にいいか悪いかはよく分かりません。
患者にすればどっちでも直ってくれればいいんです!!


整形の先生は牽引をしろといいますが、整体の先生は牽引はするなと言います。
どっちが正しいのでしょう。

O先生は、
「整体をやっている人は我々の下で働いていた人で、2、3年勉強しただけだ。我々のように専門知識のある者とは違う。」と仰り、そんな人達の意見に従う私が信じられないというような顔でした。


検査の結果はもう少しで聞きそびれそうになりました。




これから益々医者の数が減って、東京は他県に比べて医療砂漠が進むといわれているのに、これじゃあ益々病院に行くのが怖くなる。。。。
(いい先生もいるのになあ。。。どうしてこうも違うんだろう。)

病院の壁に「患者様の意見」という張り紙が空しく見える。
病院に行くのは本当に疲れます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »