« 少し流れが変わってきたような・・・・ | トップページ | 折角の連休が。。。 »

閑人閑話

今日も雨ですね。
ずっと雨なので体調も今一です。
なかなか直りませんね。通院先が増えると薬が増えるだけ。

話題もないのでblogもぼちぼち。


そんな訳で、今日はどうでもいい話。

昨日夕刊を読んでいたら、コラムの表題が気になって思わず読んでしまいました。

だけど、どうもよく分からない。

この方、一体何が言いたいんだろう、って思いました。
次に、こんな内容を書かせている新聞の編集者は何もチェックしなかったのかしらって思ってしまいました。
まあ、随筆は書く人にお任せなのかもしれませんが・・・・


言いたい事が今一理解できず、溜飲が下がったまま。


そこで寛いでいたつれに無理やり読ませて、感想が聴きたいと話を向けたんです。

彼もしょっぱなから理解できないと言いながら、一応通読。
一言、「だからどうだって言うんだ・・・」

そうなんです。だからどうだって言うの、と言うような話題。
コラムには作家とあるので、物を書いている人の文章のようです。


でも、だからどうだと言うのでは、下がったままなので、彼に無理やり感想を求めました。

「これって、直接相手に言う台詞じゃないよね。なら罵倒すると言うのはそもそも変だよ。」
「最近は、相手に向かって言う人もいるみたいよ。」
「なら、相手をよく知らずに言っているのだから、そんな人とは付き合わなくてすんでありがとうって言ってあげたら。ようは価値観が違うと言っているだけだろう。」
「確かに。『私とあなたは価値観が違うから友達ではない』と言う意味しかないわよね。それが何だって言うのかしら。」


「直接言って喧嘩になったら却って相手が分かって友達になるかもしれないよ。」
「それは男の発想よ。女は基本的に争いが嫌だから曖昧にして調和を保つのよ。それで、やんわりあなたは仲間でないってシグナルを送るの。」
「それは陰険だな。」
「陰険かどうかは別として、巧妙なのよ。男みたいに白黒つければいいって言う生き物じゃないの。」

「確かに男は使わない言葉だよ。」
「そうね。女の台詞かも。草食男子なら使うかもしれないけど。」


結局、「価値観の違い」で落ち着いたのですが、昨日のコラムの表題は何かと言うと「友達がいなさそう?」というのです。


コラムの作者は、相手を罵倒する最もきつい言葉だという書き出しで、相手の人生を否定する爆弾のような言葉だと分析し延々と書かれていました。



Aさんを批評してB、Cさんが「あの人、友達がいなさそう」と言ってるのは、単に自分達と価値観が違う人だから私達とは友達ではないと言っているだけでしょう。
Aさんの価値観からすれば、B、Cさんは二人しか「友達がいなさそう」と思っているかもしれません。

直接Aさんに対してB、Cさんが言っているのなら、自分をよく知らない人から言われているのですから、Aさんにしてみたら失礼なだけでしょう。



結局余り意味のない言葉なのです。
世の中の人全てが自分と同じ価値観で生きているわけではないのですから、馬が合う人もいればそうでない人もいます。

寧ろ、「友達がいなさそう」と言うような台詞を言う人と友達になりたいかどうかではないでしょうか。


多分このコラムを書いた方は余程書くことが無くて困ったからだと思うのですが、折角のコラム欄をこんなテーマで終わらせてしまうのは何だか勿体無い気もします。

文章の巧拙よりも、書き手の価値観が一番だなって物を書く一人として思いました。

|
|

« 少し流れが変わってきたような・・・・ | トップページ | 折角の連休が。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58810/31686765

この記事へのトラックバック一覧です: 閑人閑話:

« 少し流れが変わってきたような・・・・ | トップページ | 折角の連休が。。。 »