« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

連ちゃん美術館

久々に美術館に行ってきました。

ちょっとタフだったけど。


昨日は国立新美術館でやっているオルセー美術館展2010「ポスト印象派」。
今日は山種美術館の浮世絵入門。



何年かぶりのオルセーだけど、半分ぐらいしか記憶に残ってなくて皆新鮮でした。

お目当てのお気に入り「星降る夜」の前は人だかり。
だけど、本物は写真より明るくて絵に余情を感じる。改めて、よかった~(実は、ゴッホはそれほど趣味じゃないんです)。


オルセー展だからもっと混んでいるのではと思ったのですが、想像より空いていました。
待ち時間の行列はないし、絵の前も少し待っていればちゃんと観賞できます。

最近の日本画ブームで洋画は人気がないんでしょうかね・・・
日本人の好きなルノアールとかが来ていないからかな。


ロートレックはあいかわらず凄いけど、「赤毛の女」は痛々しいくらいの作品でした。ヴュイヤールの「ベッドにて」は何度見てもほのぼのした気分になれます。

中にはせっかくの機会だから習作じゃなくて作品が来ていたらよかったのにと思えるものも。。。

でもまあ、一点物で引っ張るのではないので、久々に充実した展示会でした。



山種は、広重の五拾三次を一挙公開しているので出かけてきました。

今までばらばらにしか見たことがなかったので、とってもよかった。

「小田原」の山なんか見ているととってもシュールで、印象派の人たちが浮世絵を見て驚いたのもなるほどと思えます。
サロンの古典派の作品を見慣れていた人たちには、とっても現代的に思えたことでしょう。

「岡部」を見ていたら、昨日見たゴーギャンの牛の絵を思い出してしまいました。

異なる視点を寄せ集めた「吉田」の絵なんてまるで、セザンヌの発想そのまんまのよう。


タフな日程だったけど、両方見たのは正解かもです。
山種は7月11日まで。


おまけ:山種のカフェで(「紫陽花」と広重モチーフ「漣」)
 

| | トラックバック (0)
|

ミニトマトが・・・

今日はすっかり晴れて昨日の雨が嘘のよう。
(今日出かければよかった・・・・)


我が家のおばかなキュウリが、2週間ほど前につるで自分の茎の先端を巻き上げて首を絞めてから成長が止まっていたけど、最近になって葉っぱが脇から出てきました。
再び伸びてくれるといいんだけど・・・・

実も新たに4本大きくなってそろそろ収穫です。


キュウリの隣でずっと大人しく育っているミニトマトが最近になってちょっぴり赤くなってきました!
やっとトマトらしくなってきた。。。

早く真っ赤にならないかな~ 食べるのが待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

六義園

今日が紫陽花祭りの最終日だったので六義園まで出かけてきました。


染井門が閉まっている・・・
ぐるりと回って正門へ。


散策路の所々に紫陽花の木がありますが、休憩所の裏と滝見の茶屋のそばに、纏まって植えられていました。

残念なことに山紫陽花はもう終わり。
お店の人曰く、日本の紫陽花は西洋紫陽花より開花が早いので、1週間か10日前に見頃を迎えたのだそうです。
また来年来てと言われてしまいました。










一方、西洋紫陽花は今が盛りという感じでとっても綺麗です。










枝垂桜の広場の前では地元の子供達によるコンサートが開かれていて、日頃の成果を披露していました。
(リサイクルの歌まで歌わせるのは、何となく違和感を感じたけど・・・)

前に座っていたおばさんが、うちの孫みたいというのを聞いて、六義園に来る人の年齢層が分かってしまう~

(フレーベル少年合唱団)


おまけ。
六義園の泰山木も沢山花をつけていました!デカッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最初の一本

今日は梅雨の中休み。いい天気になりました。
私の喘息も、この天気みたいにぱっと良くなるといいんですけど・・・
この時期は良くないんですよね。


ベランダのキュウリが10cmを越えたころから、連れはもろきゅうになりそうだと眺めていたのですが、本に最初のキュウリは早めに採ると書いてあったので、何時採るかが話題の種になっていました。

でも、いざ採るとなるとなんだかちょっと可哀想な気がして私も連れも採れなくて、なかなか採れませんでした。


この間の日曜日、20cmを超えたので遂にえいや!




よく見ると我が家のきゅうりに棘が無い!
キュウリに棘はつき物だと思っていたのに何で無いんだろう?

昔、親から八百屋で売っているきゅうりの棘が無いのは古いやつだから棘のチクチクするのを買いなさいと習ったんですけど・・・・


冷やして食べればよかったのですけど、収穫したのが夜だったのでそのまま食卓へ。
ちょっと甘い気がしたのは気のせい?
真ん中が普段買って食べているキュウリより柔らかな感じがしました。


今日見たら二本目のキュウリが18cmになっていました。
次の食べごろは何時かな・・・・

トマトは相変わらず青いです。花は沢山つけるんですけどね。

| | トラックバック (0)
|

キュウリの花

久しぶりの曇天ですね。

ここに来て漸くキュウリが5、6cmまで伸びて少しキュウリらしくなりました。
これなら食べられるくらい大きくなるかも。



おとといは花が咲いたのが二つだけだったのに今日見たら4つになっていました。



一方、キュウリに養分をとられているのか、トマトの成長が遅いです。
茎は結構太くなったけど、実は1cmぐらいで緑のまんま。ちっとも赤くなる気配がない・・・・



さて我が家のエミリですが、薔薇に効くといううどん粉病の薬を買って治療した所、気のせいか元気になりました。

今日見たら、随分開いてきました。何とか咲いてくれそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新宿御苑

午前中は余り天気がよくなかったのですが、午後になって急に晴れてきたので久しぶりに新宿御苑の薔薇を見に行ってきました。

何と環境月間で入園無料です!
ラッキー。


案の定薔薇の前は人だかり。
カメラを向けるのも大変です。

既に盛りを過ぎた花も多く、雨で痛んでしまった花も多かった。

アラベスク


セクシー レキシー


ジュード ジ オブスキュア


炎天下で汗だくになってしまいました。



6月の花というのでタイサンボクの花を見に行きました。
見て吃驚。
何と20センチぐらいあるんです。

サイズが比べられるように御苑のパンフを並べてみました。
蕾も大きいでしょう~
 

日本で見られる最大級の花だそうです!



こちらは夾竹桃。ピンクと白の花が咲いていました。
これから見頃を迎えるそうです。







おまけ♪
近所のケーキ屋さんで。目の疲れに効くというフレバーティーは爽やかでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うどん粉病

きゅうりの葉っぱに白い粉が吹いていました。

調べてみるとうどん粉病。
きゅうりになりやすい病気とか。
ベランダの家庭菜園だから農薬は使いたくないけど、どうしたらいいのか分からない。
仕方が無いので、貴重な葉っぱを3枚切り取ることにしました。
葉が茂っている状態でないので、本当は切りたくなかったんですけど・・・

ちょっと茶色くなっている葉っぱもあります。
べど病か炭そ病じゃないかと心配なんですが、この葉っぱまで処分しちゃうと大きな葉っぱがなくなりそうなので、今のところ処分していません。

きゅうりが大きくなる前につるが駄目になっちゃうのかな・・・
こんなに風の強いベランダなのにどうして病気になっちゃったのかしら。


きゅうりの白い粉が気になってから、他の植物も気になってチェック。
トマトは今のところ順調のようです(一向に大きくならないけど)。


しかし難題発生。

春に買った薔薇のミネリが意外にも順調に育って今次の蕾をつけているんですが、その花首にうどん粉病が発生していました。
ちょっと白っぽくて気になっていたんですけど、やっぱり病気のようです。

手元に農薬がないので一応ティッシュでふき取ってみましたが、このまま元気に咲いてくれるのか心配です。

ネットに見たら薔薇のうどん粉病はきゅうりのうどん粉病が感染した訳じゃなさそうですが、原因不明。

園芸素人には悩めることがいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっとお得なアフタヌーンティー

友人が椿山荘でアフタヌーンティーをしようと誘ってくれたので出かけてきました。

ホテルでランチなんて久しぶり!


こちらのホテルのアフタヌーンティーは12時から遣っているので、ランチとおやつと兼用できてちょっとお得な気分です。

ホテルによっては14時からという所もあるし、14時からだとランチの後ではいっぱい食べられなくて残念な気分になっちゃうので。


話に夢中で、写真を撮ろうと気づいた時には殆ど食べ終わっていました。
残念。。。
こちらは残骸の抹茶のアイスです。



ゆったりとした時間を満喫して、近所を散策。


こちらは東京カテドラル聖マリア教会です。
名前は聞いたことがあるけど、一度も入ったことがなかったのでちょっと覗いてきました。
すっきりとしたデザインで瞑想にはいいかも。
静かな空間です。



友人に教えられて帰りに「関口フランスパン」に寄ってバゲットを買って帰りました。
関口フランスパンは日本のフランスパンの歴史を代表するパン屋さんで、1888年に小石川関口教会(現カトリック関口教会)の製パン部として創業したのが始まりです。
なんでも教会で運営していた孤児院の子供達に手に職をつけるためパンの製造を思いついて子供をフランスに留学させて学ばせたのだそうです。


明日の朝食は関口パン!どんな味か楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »