« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

パソコン

我が家のPCが脳梗塞で死にそうな状態です。
まだ5年経っていないんですけど、もう駄目そう。何時死んでもおかしくない感じ。

作業しているともうすっごく熱くなって、突然吹っ飛んでしまうんです。しょうがないので最近は少しでも長持ちさせるためにキーボードの下に保冷剤を入れています。
笑っちゃいますよね~

断末魔になる前に買い換えようと、量販店に行ってきました。
ヤマダ電機のお兄さんはとっても親切で分かりやすく説明してくれました。

今までノートを使ってきたのですが、もうビジネスユースはなさそうなので今回はデスクトップにしようと思っています。
デスクトップは画面が大きいですね。
ソニーの24型とかまるでTVみたい。
画面が大きいので近すぎて目が悪くならないかちょっと心配です。
連れは、PCが壊れたらTVとして使えばいいとかいって画面の大きい方を勧めるんですが近過ぎってことは無いんでしょうか・・・?

長年メビウスを使ってきたので、今回別のメーカーになるわけですけど、何処にしたらいいのか悩んでいます。
お店の人は動画編集なら何処何処、音がいいのは何処、コストパフォーマンスがいいのが何処何処、ブルーレイなら何処でTVゲームをするなら何処とか色々教えてくれました。

動画編集はよさげだけどTVゲームはしないしなあ、裏録もそれほど重要じゃないし、デスクトップでタッチパネルは特にいらないし・・・うーん。。。


秋モデルはマイナーチェンジなので買うなら今がお徳だと言われたのですが、結局その場では決められずパンフレットだけ集めて帰ってきました。

Windows7も覚えなくちゃいけないのかと思うとちょっと気が重いです。後付でパワーポイントを入れるべきか初めから入っているのにするべきかも悩みどころ。
早く買わねばと思いつつ、今日も保冷剤で我慢しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シャガール展

今日はお誘いを受けて芸大の美術館で遣っているシャガール展に行ってきました。
芸大美術館って今まで一度も行ったことがなかったのでちょっと興味が湧いたんです。

今日は休館日を利用して、薩摩雅登氏の講演と観賞がセットになった展覧会でした。

薩摩氏は、作品の解説は本来あるべきものではないのでということで、観賞の前に色が付かないようにと、講演内容は専ら作品の背景となる彼の生い立ち、経歴の紹介が殆どでした。

後半は展示会の趣旨です。
サブタイトルがロシア・アヴァンギャルドとの出会いと付いているように、作品の展示はロシアの作家と平行して彼の位置付けを紹介していました。

余りロシア美術に興味は無かったので以前ロシアに旅行に行った時にもトレチャコフ美術館には行かなかったのですが、今回纏まった数のロシア人作家の作品を初めて見ました。
ゴンチャローワの「収穫物を運ぶ女たち」は豪快。

カンディンスキーは所謂抽象絵画しか知らなかったのでアフティルカの風景画には吃驚。なかなか趣のある作品で気に入りました。


シャガール自身の作品としては、魔笛の舞台美術が素敵でした。今このオペラがあったら是非見に行きたいような作品です。当時はとても豪華な意匠だったのでしょうね。

「彼女を巡って」のような作品に見慣れていると、初期の頃の作品はとても重たい感じがします。彼の複雑で重層的な作品は彼を知る上でとても参考になりました。

シャガール好きにはお勧めの展示会です。
期間は7月3日から10月11日まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何となくがんばっています

先日、連れが職場の人に「ベランダ菜園でキュウリが10本生ったら大成功だ。」と言われて帰ってきました。

10本で大成功だなんて、嬉しいです~♪


7月の旅行中、給水番というヒモを買って来て植物にたらしたのですが、連れが水タンクの位置を色々工夫しておいていたにも拘らず結果的には殆ど機能しなくて、帰ってきた時には半分枯れているような状態でした。

トマトは真っ赤に鈴なりに生っていたものの、収穫後は申し訳程度に復活して新しく葉を伸ばしだけで、それからまだ一度も実をつけていません。
不在中の水不足が祟ったのかしら。


キュウリは暫くして葉を伸ばし始めましたが、土の燃料切れなのか出てくる葉っぱは初期の半分の大きさです。
ただ、猛暑のせいか虫も出ないしうどん粉病にもかからなくなって殺虫剤がいらなくなりました。

日に日に芽を伸ばすので一応水だけはやっていたら、何時の間にか実をつけ、忘れた頃にはぽつぽつと実が大きくなるようになったんです。お陰で今でもたまに食卓に乗ります。
キュウリって本当にしぶといですね。がんばっています。


今朝も1本収穫しました。最初は20cmぐらいまで大きくしてから収穫したのですが、最近は15cmぐらいで収穫です。まだ後2本延びている~

そんな訳で、もう駄目かと思った家庭菜園も何となく続いています。とげが無くて丸々と太るキュウリなので、初心者用のキュウリだったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ロワール古城めぐり(3)

今日の東京は午前中が曇りでした。冷房も心地良く効いてちょっと凌ぎやすいです・・・

さて、自力で回るロワール古城めぐりの2日目です。

今回はアンボワーズを基点に巡ります。
移動は路線バスを利用します。

トゥールからアンボワーズへはバスでも行けますが時間が掛かるので(約40分)、電車を利用しました。
トゥール9:04分発に乗ると9:24分にアンボワーズに到着します。電車は今日もガラガラ。
田舎の駅です~


アンボワーズ城はロワール川を挟んで駅の対岸にあります。先ずは駅前の道を川に向かって進みましょう。川まで来れば、対岸の高台の上にお城が見えるのでそれを目指して歩きます。15-20分(最後は坂なので・・・)

数字の12辺り(i12)が駅です。
橋を渡って真ん中の緑の所(k14)がお城。




さて、アンボワーズ城を堪能したら徒歩でクロ・リュセ城に向かいます(L15辺り)。お城の脇の坂をえっちらおっちら歩きましょう。右手に見えてきます。

ランチはクロ・リュセ城内でも取れますし、館を出てアンボワーズ城の周辺の旧市街で食べることができます。



最後はシュノンソー城ですが、シュノンソーへは路線バスを利用します。因みにこのバスは午後は一便しかありませんので、絶対に乗り遅れないように注意しましょう。
Fil vertのバスもパンクチュアルです。
乗り遅れたら、タクシーでシュノンソー城に向かいましょう。多分20€位でいけると思います。

トゥール14:10分に出たバスがアンボワーズのpostのバス停に来るのは15:00です。これに乗ると、シュノンソーのchateau前には15:24分に到着します。料金は1.7€です。
数名しか乗っていないバスで、城に着く頃には私達だけ。


さて、問題のpostのバス停ですが、基本的に路線バスの停留場はありません。つまり目印が無いんです。(地元向けだからでしょう。地元の人でさえ滅多に利用しないようです。)
私達がインフォメーションに何度も確認に行く羽目になったのはそのためです。

「郵便局」前となっている停留所は、実際には郵便局の横の道(Av.des martyrs de la Resistance)を挟んだ向かいの老人ホームの前です。


シュノンソー城は、庭園も綺麗です。お城が修復中で情けない姿なので、外の眺めは庭で我慢しましょう。
(修復工事は何時までなのか・・・)
ディアーヌの庭の方が広くて堂々としていますが、私はカトリーヌの庭の方が上品で風情があって好きです。


さて、お城を堪能したら帰りは電車で帰ります。駅はお城の前です。
シュノンソー18:58
トゥール19:27
シュノンソー城は人気のお城で日本人の観光客を大勢見かけました。観光に時間が取れなくてこのお城だけ見に行くつもりなら、トゥールから直接電車で行くと良いでしょう。バスも午前中一便走っています(トゥール9:07発)。

さて、次回はロワール古城めぐりの最終日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神宮外苑花火

午後になって天気が持ち直してしまったので、今日も暑かったですね。

久しぶりに神宮外苑花火を見ました。
なかなか綺麗ですね。
東京湾の花火ほど大きい花火が上がらないのが残念だけど、カラフルな花火は遠くからでも綺麗です。

途中の中断が長いのもご愛嬌。

神宮の花火が上がると、そろそろ夏も終わりかなって思うのですが、今年は猛暑続きなのでまだまだ納涼というわけにはいかないようです。

都心の花火はあと何処が残っているのかな?

湘南の花火は月末の頃に逗子であるみたいなんですが、平日なのでどうしようか悩んでいるところです。

| | コメント (0)
|

ロワール古城めぐり(2)

今日も猛暑でした。もうへたばりそうです。。。
(夏痩せしてくれないのが困り者・・・)


さて、今回は自力で回るロワール古城めぐりの1日目。

できれば事前にトゥールのインフォメーションでお城のチケットを購入しましょう。売り切れていなけれ大概のお城の券はここで買えます。しかも、1割以上割り引きなので絶対お勧めです。


HPの旅日記で書いたように、一日目はシャンボール城、シュヴェルニー城、ブロワ城に行きました。

この三つのお城は地理的にほぼ三角形の場所にあります。そしてこの三箇所を巡回しているシャトルバスがあるのです。一日数便。
(ブロワ→シャンボール→シュヴェルニー→ブロワ→)

TLCで最新の時刻表を手に入れたら、ブロワ駅に何時に着けばよいのか逆算すると、トゥール駅の出発時間が決まります。(勿論、パリからブロワに来ても構いません。今回の旅行は全てトゥールを起点としています。)

列車の切符は自販機でも窓口でも買えます。
今回、日本から持っていったカードが自販機で使えなかったので、殆ど窓口で買いました。
・切符:un billet
・片道:un aller simple
・往復:un aller-retour

バスは車内で買えます。


私達のスケジュールは次の通りです。

トゥール8:12分発ブロワ8:49分着の電車に乗りました。実際には、電車が10分遅れでトゥールを出発したので、到着も10分遅れています。こういう事態もありえるということを想定していてください。平日なのに電車はがらがらです(赤字路線なのかな?)。


シャトルバス(一便)はブロワ駅を9:10に出発です。
ブロワ城9:12
シャンボール城9:50
このバスはシャンボール城止まりです。
バスの時間はどのバスもとてもパンクチュアルでした。バスもガラガラ・・・


途中、運転手さんが教えてくれた対岸のメナール城がこれです。



シャンボール城からシュヴェルニー城に向かうには、ブロワ駅11:10発のバスが11:50に到着します。これに乗るとシュヴェルニー城に12:14に到着です(シュヴェルニー城どまり)。

HPでも書いたように、これに乗れないと次のバスは午後になります。
(私達はシャンボール城の前の広場のクレープ屋さんでランチを取りました。)
ブロワ城13:45
シャンボール城14:22
シュヴェルニー城14:46
なおこのバスは唯一全てのお城に止まるバスです。つまりトライアングルを1周します。

シュヴェルニー城を見学後、最後のお城、ブロワ城へは
シュヴェルニー城17:05
ブロワ城17:41
のバスで移動します。

ブロワ城見学後、運よく時間が合えば18:44の最終バスでブロワ駅まで乗って帰ることができます。
私達はブロワ駅まで歩いて帰りました。10-15分位です。
(途中坂道なので、足の疲れ具合によります。)

ブロワ駅19:06
トゥール駅19:36
この日の予定はこれでお終いです。


このコースは、シャトルバスの時間と観光スケジュールが合う人にはお勧めのコースです。シャトルバスの乗車券は6€ですが、これは一度買えば何度でも使えます。三箇所を6€で回れるのでとてもお勧めです。

しかもこのバスの乗車券を見せると、各お城の入場券が割引になるので、インフォメーションで買い忘れてもお得な旅ができます。


さて、今回のスケジュールは如何でしょうか。
ミニバスツアーもいいですが、この組み合わせのコースは無いので、是非お勧めします。


次回は、古城巡り2日目をご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ロワール古城めぐり(1)

久しぶりのBlogです。
連日の炎天下続きも、東京は昨日今日と曇りで少し凌ぎやすかったです。

やっと旅行の写真の整理ができてHPに旅日記をupしました。

サイトはこちら↓
フランス古城めぐり

今回ロワール古城めぐりはゆっくりマイペースで回りたかったので、自分達で組みました。

ロワール古城めぐりはパリからの1日ツアーもありますし、トゥールでは毎日ミニバスツアーが出ています。半日コースもありますし、1日コースもあります。効率的に回るにはこうしたツアーを利用するといいと思います。

Paris
Mybus
Cityrama

Tours
QUART de TOURS
TOURAINE EVASION


フランスは車社会なので、バスも電車も非日常的な乗り物です(パリは別ですが)。通勤・通学電車(バス)という概念はなさそうです。
ロワールには200近いお城があるそうなので(主なものでも60ぐらい)、個人で色々見て回るならレンタカーがお勧めです。でも、バスと電車でも代表的なお城は充分見て回れるので、今回、私達が組んだスケジュールをご紹介しようと思います。

これから予定を組もうと考えている方は、もしよかったら参考にしてみて下さい。

事前の作業として最新の時刻表を手に入れましょう。
SNCF(TER centre)
TLC(shuttle bus)
Fil vert(bus)

次回は一日目を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ただ今408m

今日もめちゃくちゃ暑かったですね。
昨日の方がまだ楽だった・・・


408mと書いて直ぐピンと来る人は、通勤などで毎日見ている方たちでしょうか。


この炎天下、物好きにも出かけてきました。
昨日のこの場所は隅田川の花火を見る人で、凄く賑わっていたと思うけど、今日もカメラ片手にお仲間がいっぱいいました。


押上げで降りて、京成橋からカメラを向けたのですが、逆光で今一映りが悪いので、東武橋まで歩くことに。

ぎらぎら照りつける中を歩くなんて愚の骨頂ですが、首が痛くなるほど見上げて全体がカメラに収まるのも今のうちかと思うと、何枚もとりまくり。

下はほぼ真横からの写真

(う~首が疲れる。。。)


こちらは東武橋側から撮った写真。


川の柵にはこんなマップが。
仮設トイレまで書いてあって、よっぽど多くの人が訪れているんでしょうね。



最後は業平橋の駅から。ツリーの足元。
駅ではスカイツリーの絵葉書を売っていました。



暑くてへとへとになり、浅草の仲見世にも寄らずに帰ってきました。

川の横は街路樹もないので、ツリー見学はもう少し涼しくなってからの方がお勧めです。
(まあ、今の時期は暑いので見物人が少ないという利点はありますが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »