« 結婚記念日 | トップページ | 京料理は奥が深い »

今に生きている??

連休を利用して京都に旅行してきました。

最終日の今日は、玉の輿で有名な今宮神社と、一般公開している大徳寺の4つの塔頭を見学して回りました。

さて、○仙院でのこと、こちらのお寺は唯一撮影禁止をしているお寺なので素敵なお庭を紹介できないのが残念ですが、お寺では写真集を売っています。
なんでも有名な写真家が1年かけて撮影したのだとか・・・・

ご住職が、私たちが初めてだと知ると一緒に回ってくれて枯山水の庭の説明をとても分かりやすく丁寧に説明してくれました。
方丈は国宝です。襖絵には狩野元信等の絵があって重文になっています。

禅宗の教えをわかりやすく説明してくれて、一緒に回っていた若い人たちにも「道」とか色々説いていました。

そこまではとても感心してみな真面目に拝聴していたのですが、突然「うちのお師匠さんはとても有名な方で、テレビで人生相談の番組に出ていた方で本もたくさん書いているので一冊買うのもおすすめです。」とおっしゃるのです。
「今日はお師匠さんもいらっしゃるのでサインもしてくれますよ。」とさりげなくおっしゃる。暫くするとご本人も出ていらっしゃいました。

しかし、短冊は17000円、色紙はもっと高い!
なんか違うよなあ~

しかも、拝聴していた若者の一人が厚生省の人間だとわかると、大変ですね、ちょっと意見が訊きたいと言ってお師匠様自ら話しかけてきました。
年金問題で大変と言い出すのかと思いきや、どうやら若者を大蔵省と勘違いしたらしくて、いきなりデフォルトで大変だとか言いだすのです。
お茶席にまでやってきて、バブルの処理を間違って貸し渋りが起きてデフォルトになったと言われるのですが、相手の若者はどう見ても新卒かせいぜい入省2年目ぐらいです。
バブルも失われた10年も知らない人たちに意見をするのですが、見ていて気の毒でした。

途中で、お手伝いの女の方がお師匠様に用があるらしくて話しかけてきたのですが、「私は偉い人と話をしているので下がって欲しい。」などと言って追い払っていました。

偉い人ねえ・・・


身に着けているものを少しずつ落として、最後は大海に至ると作庭の趣旨を説明する一方で、デフォルトにこだわるのは今を生きていることになるのでしょうか?

謎多きお話でした。

|
|

« 結婚記念日 | トップページ | 京料理は奥が深い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58810/36842903

この記事へのトラックバック一覧です: 今に生きている??:

« 結婚記念日 | トップページ | 京料理は奥が深い »