« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

早春の桜

虫歯の痛みを紛らわすために、新宿御苑に桜を見に出かけました。今週はずっと抜歯の夢を見てストレスがたまっていたんです。


毎度おなじみの十月桜は今までで一番花をたくさんつけていました。


修善寺桜はちょっと盛りを過ぎた感じだけど、高遠小彼岸や枝垂桜はとてもきれいでした。






こちらは陽光、大ぶりな花ですね。


東海桜は咲いていましたが、横浜緋桜と大島桜はまだでした。

下はヒマラヤ緋桜



桜ではないけれど、一番華やいで見えたのがレストハウスの前の「ハナモモ源平」でした。八重咲き桃の咲き分け。


桜の他にもサンシュやヒボケ、ゲンカイツツジ、白モクレン、ハナニラなど春の花がきれいに咲かせています。
御苑はしばらく見所いっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

異次元の世界

クライアントの依頼でクライアントと一緒に被害状況の視察に東北を回っている連れから、今日は盛岡に泊まると言ってきました。


とにかく異次元の世界だ、と。
テレビで報道されているのと全く違う、これは実際に見た者しか分からないだろうと言っていました。

車でひと山越えると町がない、またひと山越えるとある筈の町がない、というのがずっと続いているそうです。神戸の比ではないかもしれないと。

地震の後に、菅さんがヘリで視察して自衛隊を10万人にと言ったのも当然だろうと言っていました。



360度、見渡しても何もないそうです。そんな瓦礫の平地のあちこちに棒が立っているそうです。棒には赤い×印があって、この下にはまだ人が埋まっているという印だそうです。そしてその下に白い○印がある場合は、警察の検分がすんで遺体が収容されたという印だそうです。
棒には近づかないで下さいと言われたそうですが、そんな光景がずっと続いています。

これは漫画の世界じゃなくて、実際の光景なんです。


連れは、こんな悲惨な状況なのに、生き残った人達は必死に懸命になんとかしようと頑張っているので、日本人は本当に偉いと言っていました。

連れが携帯で送ってくれた写真。もっと酷い惨状のもあるそうです。
この中にもいらっしゃるのかもしれません。


難を逃れた東京人は、ガソリンがないとか計画停電で困るとかそんなこと言っていられないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フェルメール展

先週はずっと体調が悪く、微熱が続いたので日曜日に治療に行った時に、持病の治療のほかに過緊張を解いてもらいました。どうやらストレスがたまって症状が出たらしいです。

震災に関係のない私でさえ、暗い話で調子が悪くなるのだから避難所にいる方の緊張はさぞやだろうと思います。施術の先生も一刻も早く現地入りして治療したいのだが、足がないので行けないのが残念だと言っていました。
(連れは、クライアントの依頼で今朝から東北地方の現状視察に出かけました。緊急車両で盛岡から仙台まで店舗や工場を見て回るらしいです。飛行機取るのが大変でした。)


そんなわけで、昨日は気分転換のために、無理やりフェルメール展に行ってきました。
思ったより人が多くてびっくりしました。おんなじようなことを考える人が多いんですね。
フェルメール展と書きましたが、彼の作品は「地理学者」の一点のみで後はオランダ・フランドルの画家の名品です。


もちろん、フェルメールの前には大勢の人が。。。
ちょっと暗いので、細部まではあんまりよくわからないですが、思ったより大きな作品だったので意外でした。
この作品はルーブルにある「天文学者」と比較して述べられることが多いのですが、モデルが同じなのかと思うほど似てますね~
ある解説書によると、これはモーゼの寓意だそうです。

ヤン・ステーン、フランス・ハルス、ロイスダール、ホイエンと惹かれるものは多かったけど、ヤン・ヴィーニックスの野兎は迫力ありました。思わず触りたくなるほどのふわふわの毛。
この作品はアムステルダムにあるのとほぼ同じ構図です。

でも一番目強烈だったのが、アドリアーン・ブラウエルの「苦い飲み物」です。この作品にここで会えるとは思わなかった・・・・苦い薬とも言われる作品ですが、いかにも不味そう。テニールスの作品も小品ながら光ってました。
今回初めて知ったのがアールベルト・カイプとパウルス・コンスタンティン・ラ・ファルグです。ファルグの作品はちょっとオタッキーです。

会場が暗すぎて目が痛くなってしまったので、1Fでティータイムにしたのですが、隣の展示室が気になってしょうがありません。
ちょっと覗いてみてびっくり。
さっきまで見ていた世界と全く違うのにカルチャーショックです。


オタッキーなフィギュアの作品が並んでいました。今、世界で注目されている日本のアートがこれかと思うとちょっと頭が柔らかくなりましたけど・・・

おいてあった雑誌にはさらに過激な作品の写真が載っていて、これがアートなのかと思うとちょっとついていけないかも。マネキンみたいにリアルなのは部屋に飾るのはちょっと引いちゃいます。
でも、こうした作品がそのうちベルサイユ宮殿を飾るようになるんでしょう。


帰りに、仕事で必要になったレベルの測定器と懐中電灯を買うため、近くのハンズに寄りました。そこで、今月でポイントが切れるので交換するようレジで言われたのですが、交換所に行くとポイントを義捐金で集めていると言うので、義捐金にしてもらいました。
ささやかですが役に立つことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プロの矜持

東京消防庁の記者会見、見てました。正義感があって命がけで仕事している人たちの会見は立派です。
ちょっと感動しました。答弁は理路整然だし、正確で的確。そしてわかり易い説明です。
あほな記者が突っ込みようがない会見でした。

さすが、プロの矜持と言いたいですね。お疲れ様、日本のために頑張ってくれてありがとう。


それに引き換えと思うのが、入閣を求められた谷垣さんの台詞です。普段あんまり政治的なことはblogネタにしたくないんですけど、あまりの違いに情けないので。

断りの理由が政策論議もなしにいきなり言ってくるのはおかしいとのことですが、これって平時の理論ではないかと思うのですがいかがでしょう。

今は非常時。それも戦後最大と言われています。政策論議にこだわって国家の危機に立ち向かわないのは、所詮泥をかぶりたくない、外野で批判だけしていたいと、政治家の職務を放棄しているように見えるのは私だけでしょうか。
被災者は一刻も早い支援を望んでいるのに。日本の政治ははたから見れば大同小異。大局的に考えてみたらどうでしょう。

当事者意識が全く感じられないです。永田町の地下が震源にならないと、所詮は他人事なんでしょう。


でもそれ以上に驚いたのは、それを報道していたNHKの9時のニュースのアナウンサーのコメントです。谷垣さんに同調していましたが、それも評論家のようなセリフでした。
片方で甚大な被害と報道しながらも、政策論議という建前にこだわる姿は所詮アナウンサーにとって災害は報道ネタにすぎず当事者意識が全くないんだなって感じました。口先だけのお悔やみでは誠意は伝わらないです。

プロの矜持のない人達が評論家的なことばかり言っているので、海外において日本の危機管理に不安を抱く論調が多いのではないでしょうか。
今は議論をする時ではなくて実行する時だと思います。総括は後でいくらでもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

靖国神社

三連休の初日ですが、都心は静かです。
まあ、繁華街とかに出かければ賑やかなのかもしれないけれど、とっても出かけていく気分になれないので今日は靖国神社にお参りに行きました。

さすがに静かですね。
参拝者はいますが、観光客は殆どいませんから。

境内には桜の花が咲いていました。








多くの人々の心の平安を祈りつつ、「不屈の精神」でこの難局を乗り切りたいです。

(靖国神社の白鳩)



近所のガソリンスタンドは「本日休業」の看板を出しながら、お得意さんの車には販売していました。
我が家では少し離れたセルフのスタンドで給油しましたが、そこは良心的なスタンドで差別なく朝からちゃんと売っていました。
並んだのは20分ぐらいです。
これで、明日治療を受けに行くことができます(ホッ)

都心のスタンドも品薄で休業するところが多いですが、頑張っている所もあるんですね。

近所のスーパーでは、お米も山積みになっていました。
漸くお米の問題も解消に向かっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

影響

検診で病院に行ったら、入口が薄暗い。
受付の方曰く、計画停電に備えて節電ですとのこと。
しかも、いつもたくさんいる筈の患者が誰もいない・・・
今日は混んでるかもしれないと思って、待つ間の読む本まで持ってきたのに拍子抜けです。

どうやら、今日の電車の運休で、これない人が多いみたいでした。遠方の患者も多いですからね。
私も地下鉄がかなり遅れているというので少し早めに出てきたのですが・・・・


地震当日、病院もすごかったらしいです。
私もエコー検査のために服を脱いでベッドに横になったところで余震です。
先生は慌てて隣にテレビを見に行きましたが、その間こっちは裸でベッドの上。
先生、患者残して一人にしないでよ・・・大きく揺れたら機械が倒れてきて怖いじゃない~。


先生は、患者さんに連絡して明日、明後日の診察は臨時の休診にしようかなと言っていました。

私はというと、空いていたおかげで普段3分診療も今日ばかりはゆっくり見てもらいました。

計画停電はこんな所まで影響しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お米がない

我が家でそろそろお米がなくなるので、スーパーに買い物に行ってきました。
地震の影響で入荷していない野菜とかがあって、空っぽの陳列棚が目立ちます。
魚は近海物はゼロ。鮪とか冷凍保存されていたものだけが並んでいました。

ビックリしたのがお米。肝心のお米がないんです。
保存の効くお米は、生鮮野菜のように入荷できずになくなるというようなことはないと思ったのですが全くの空です。
3軒のスーパーを回ってやっと手に入れました.
レトルト食品やカップラーメンとかも品薄だったので、多分今回の地震で買い溜めに走っている人がいるのではないかと思いました。

日頃備えていない人が突然思い立ったように我先にと買いだめに走るのではなく、本当に必要な人に届いてほしいと思うのは私だけでしょうか。
もう少し冷静になって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地震

こんなすごい揺れは初めて経験しました。
余震も何度もあってそのたびに結構ゆれるのでちょっと怖いです。
今のところ実害は、お気に入りの置時計だけですが・・・
棚から落ちで、お顔が傷だらけになりました。
仙台に義理の妹の旦那さんが単身赴任で行っているのでちょっと心配です。

連れは会社から歩いて帰るとメールしてきました。
NTTもdocomoも全くつながらないないのでこんな時PCはとっても助かりますね。


夕方中国人の友人がニュースを見たらしくて心配して中国からメールをくれました。今はあっという間に世界中に伝わるんだなって改めてわかりました。

筑波のeさん、無事ならメール頂戴!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ベルギー料理

ムール貝を食べたいという声に応えた友人が神田のベルギー料理の店「シャン ドゥ ソレイユ」を案内してくれました。
ベルギー料理は初めてです。
ベルギー料理ってムール貝が名物なんでしょうか・・・

前菜はこはだのマリネ。
春の風物詩ホワイトアスパラガスのバターソテーはとっても美味しかったです。


こちらはメインのムール貝。これで4人前です。
味はちょっと濃いめ。スープはパンに合いそうです。


みんなまだちょっと足りないというので、ジン風味のウズラのソテーを追加で頼んだのですが、このソースが杜松の実という木の実です。なんでもジンの風味をつけるのに使われる実だそうで、私は初めて食べました。
確かにジンだ~ なかなかおいしいです。


そして最後はデザート。かなりお腹がいっぱいだったのですが、ベルギーデザート満喫プレートというのを頼んでみました。
ミゼラブルという名のお菓子がどんなものか知りたかったので・・・

スペキュロスアイスもシナモン風味でちょっと変わっていました。
もう食べすぎです!
ベルギー料理も結構奥が深いんですね。ビールの種類も多いのでちょっとびっくりです。
ベルギーに行ってみたくなりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鮨 ひろ喜

久しぶりにお寿司屋さんに行ってきました。
新宿3丁目のこじんまりしたお寿司屋さんです。

ひと手間かけた丁寧な仕事のお鮨を頂いてきました。

北海道産のホタテ。ピリ辛の七味が効いていました。
炙ってあってアツアツを頂きます。


エビの中にはみそが入っていました。
ボキャ貧なのでおいしいとしか言えないけれど、福岡産の鯖の締め具合は絶妙で、最後に出てきた穴子はもうとろけるようでした。
塩とたれの二つの味を楽しみます。


最近は海外でも寿司ブームといいますが、シャリにまで気を使うこんな丁寧な仕事をしているというのは、おおざっぱな外人さんには絶対わからないだろうなあとつくづく思います。
仕事が方になっているんですよね・・・

値段もリーズナブルでとっても美味しくいただきました。

ただ一つだけ難を言うなら、空調のせいか足元がとても冷えます。ひざ掛けを借りましたがそれでもちょっと耐えられないくらい寒いです。
女性客にはちょっと辛いかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »