« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

写楽展

梅雨入りで雨・・・

先週行けなかった写楽展に行ってきました。
めちゃこみではなかったけれど、結構人が多かったです。
こんなに一度に写楽を見たのは初めて。
展示の仕方も面白かった。
大首絵以外は写楽のイメージじゃないですけど、短期間にいろんな絵を描いているんですね・・・


役者絵を比較してみせる展示の所では、それぞれの浮世絵師の作品を比べる中で、役者の個性も浮かび上がってきて、きっとこんな感じの人だったんだろうなあ、って思わせてくれます。

普段バラバラに展示される作品も、対になってみると面白い。


個人蔵の作品は特に色がきれいで、褪色した紫色とか緑なんかがちゃんと残っているのを見ると、普段茶色くなって古びて見える絵がとっても生き生きして見えます。

いい作品が皆海外というのはとっても残念だけど、丁寧に保存されて残っているのは、カリカチュアの文化のある国ならではなのかも。それが今のマンガにつながって海外人気になってるのかもしれませんね。


今回の展示は、福島原発のせいで来なかった作品と、行方不明作品、スポルディング作品を除いて皆そろっているそうです。
6/12まで。
興味のある人は是非どうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家庭菜園

原発事故の後、ちょっと気持ち悪くなって秋口から育てていたルッコラなどのサラダ菜がちょっとへたってきたのを機に処分しました。

今年は野菜を育てるのは止めようと思っていたのですが、奈良で買った菊芋を一つだけ試しにプランターに植えた所、元気に育ってくれたので、今年も野菜作りをすることにしました。

今日買ってきたのは、枝豆とオクラの苗です。
去年、トマトときゅうりがうまくいったので、今年も今から期待しています。
うまく育つといいなあ~

菊芋

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明治神宮

久しぶりのblogです。

今日は朝から暑かった!
西日が当たる我が家は午後になると家にいるのが辛くなります。

そんな訳で、手軽に涼がとれて、散歩ができるところを求めて明治神宮まで出かけてきました。

とっても久しぶりです。

こんなの前からあったっけ?と、参道に奉納樽を見つけて知らないお酒が多いので思わずパチリ。
葡萄酒にはちょっとびっくり。

続きを読む "明治神宮"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つつじと藤

あっという間にGWも終わりです。
昨日はいい天気だったのでちょっと散策してきました。

最初に出かけたのが西沢つつじ園。
つつじ屋さんが無料で公開している庭園です。

遅咲きのつつじはまだこれからというのもあったけど、全体的にはちょっと盛りを過ぎた感じでした。









つつじはちょっと見ごろを過ぎた感じだったので、藤の方がいいかもということになって、急きょ亀戸天神に向かいました。


案の定、亀戸天神はめちゃくちゃな混み具合でした。
花の咲いている所は写真を撮る順番待ち状態です。


藤とスカイツリーというのもちょっと面白い構図かも。
タワーもずいぶん大きくなったなあ~





境内ではお猿さんの奉納芸が行われていました。



お土産はもちろんこれ!
あっという間に食べちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のんびりしてきました

昨日は生憎小雨だったけど、まずまずの天気に恵まれてのんびり過ごしてきました。

今日は日ごろの運動不足がたたってグロッキー。
芋のように過ごしていました。

飛鳥で、一日自転車に乗ったので、足も腕も筋肉痛です。

前回は、ついでに寄った感じになってあまり見て回れなかったので、今回はぐるっと回ってきました。
こちらは飛鳥寺。



唐招提寺はさすがに立派でした。
前回薬師寺に行ったので、薬師寺はパスしたけど牡丹が見ごろでした。


中央の廬舎那仏も立派ですが、やっぱり圧倒されたのは千手観音・・・
薬師様はちょっと怖い顔でした。


3日目の昨日は、雨になったので市内を見て回りました。
新薬師寺では12神将のデジタル復元を見てそのあでやかさにびっくりし、次に訪れた志賀直哉の家ではその先進性と広さにびっくりです。

サンルーム



奈良のお土産どうしようかとあっちこっち見て回ったのですが、結局決まらず、飛鳥で買った菊芋で済ませてしまいました。
旅館で出された菊芋が意外に美味しかったので初めて買ってみたんですけど、ネットとかで見ると今は旬じゃないのかな・・・
東京では見ない野菜ですよね。生姜みたいな形で。
今日は試しにきんぴらを作ってみます。


連れは、春鹿の超辛口でご満悦。

写真の整理はまた今度になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »