« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

ウエスト・サイド・ストーリー

昨日、渋谷のOrbでミュージカルを見てきました。
昨日はオリンピックを見てたのでBlogを書く暇がなかった。

忘備録は忘れないうちに書かないとね。。。

公演日程も中盤でそろそろキャストに疲れが出るころかななんて思いながら、どんな舞台か楽しみに出かけてきました。
なんたって、WSSは映画しか知らないので、日本に居ながらにして本場のミュージカルを見られるのはラッキー。

見に来ている人は若者が多いと思いきや、昔を懐かしむような年齢の人が多かったです。WSSも古典の域か?


しかし、Orbはミュージカル劇場としてはちょっと広すぎな感じ。オーケストラピットもでかすぎて、舞台との距離ができて、観客との一体感が生まれない。海外の劇場みたいにもっとコンパクトで出演者がせり出すような舞台にしてほしいなあ~(ピットはあんな大きくする必要ないと思う)
オペラでもやれそうな規模だけど、オペラにしては舞台の奥行きが足りないし。。。まあ、採算をとるにはこのくらいの規模にしないと日本ではだめなんでしょうね。。。

さて肝心の舞台ですが、期待していたより良かったです。
オリジナル版のリバイバルということで、映画版との違いが幾つか目についたけど、それはそれで臨場感があってよかったです。特にシャークスのメンバーがスペイン語で話すのはなるほどって思いました。

既に多くの人が色々書いていると思うので、ここでは一言。個人的にはダンスに魅了されました。エニィボディズの「サムウェア」も。
名曲ぞろいのWSS、流石バーンスタイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんでこうなるの

なでしこジャパンの活躍もよかったけど、今夜の我が家の話題はとってもありえないDMで盛り上がり??ました。

何処の家でも一度は目にする不動産会社のDMですが、普段はスルーでゴミ箱行きです。ところが今回ばかりは余りに変なので目を止めてしまいました。

余りにありえないので、会社名を公表すると、そのDMを送ってきたのは,東急リバブルさんです。
勿論住所はうちなので、うち宛のDMなのですが、問題は名宛人の名前です。
何と、うちの人の名前とお隣の奥様の名前とが連名になっているのです。
(画像を載せられないのが残念)
額面通りに受け取れば、うちの人とお隣の奥様が同居している~!!
これって凄いかも~~

笑いを取りに行くには少々無理があるよな。。。
まあ、相手の目を引くことには成功した??

いずれにしても、名簿の管理なんて基本的なことなのに、この会社のマネジメントはどうなっているんでしょうか??一方的に送り付けてこの体たらく。。。、夏の暑さで担当者の脳みそが溶けた??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポルトのお土産

貧乏旅行で大したお土産は買ってこなかったけど、定番みやげのガロ(雄鶏の置物)を買いました。

ポルトではちょっとしたボタンアクセサリーを買いました。
お店の名前は「Aramarte Acessórios」
一坪くらいしかない小さなお店ですが、クリンさんがその場で作っている手作りのアクセサリー屋さんです。


お店の中は壁中彼の作品で埋め尽くされています。
全部ボタン!
私は夏らしいブルーのネックレスを買いました。
10ユーロ。気に入ってます~♪



リスボンでは小さな魚の形をしたお皿を買いました。
that's all.

それから、お土産ではないけれど、ユーラシア大陸最西端のロカ岬で、記念に証明書を発行してもらいました。
A4サイズなのでどこに貼ろうか悩んでいます。。。

|
|

魚が美味しいポルトガル♪

めちゃくちゃ暑いですね~
やっと何とか旅の片付けが終わりました。

早々と夏休みを頂いて、おとといポルトガルから帰ってきました。私のへそくりを叩いての貧乏旅行だったけど、ポルトガルはお財布に優しい国でした。

しかも、素朴で人が親切で食べ物(特に魚)が美味しい、となれば日本人にぴったりな国です。
それに、何処も坂が多くて日頃運動不足の私にはかなりの運動になりました。


前半はポルト、後半はリスボンに滞在して、観光して近郊を見て回りました。


ポルトはとても寒くて着いた日は18℃。
しかも雨で、最初の頃は天気が不順。今回もお土産に傘を買う羽目になってしまいました。

ドウロ川から歴史地区のながめ




ポルトはポートワインの積出港で歴史地区の対岸にはたくさんのワイナリーがあります。


リスボンの顔というとどこなのかよく分からないけど、一番眺めがよかったのはサン・ジョルジェ城からの眺めでしょうか。サンタ・ルジア展望台もおすすめ。
ポルトでは日本人を殆ど見かけなかったけど、リスボンは首都だけあって団体も一人旅も結構いました。

気温は30℃を越えているけど、空気は乾燥していて、風が冷たいので日本のように息苦しくはないです。







ポルトガルで歴史的多建物を見ると大抵アズレージョという装飾タイルを見かけます。デルフト焼のような青いタイルの装飾です。

訪れた中で一番アズレージョが美しいと思ったのは、エヴォラのロイオス教会。凄く荘厳な感じがしました。



ポルトガルは魚料理が豊富です。何処に行っても美味しい。タコの食感が日本と違います。柔らかい。
日本のゆで蛸はゆで過ぎなんでしょうか??

あんまり魚が美味しいので、これなら現地の日本料理店でお刺身を食べたらもっとおいしいのではと思って、リスボンの老舗「盆栽」に行きました。

あたりです!!久々に醤油味で魚を食べました。
お客は地元のポルトガル人や外国人観光客が多かったです。
日本酒も置いている(隣の地元の人は升酒)けど、私達はアレンテージョの白を頂きました。



偶々校友誌をみつけたのでお店と一緒に撮ってみました。なんでもオーナーが70代の方で早稲田出身だとか。今は若い日本人夫婦が切り盛りしています。是非お勧め~
お造りを作っているのは現地の板前さん。その隣は日本人の若女将。



最終日はファドを聴きに行きました。
とってもよかった。すごい迫力でジーンときました。



今回の旅行は期せずして巡礼の旅にもなりました。日帰りツアーでサンティアゴ・デ・コンポステラとファティマに行ってきました。どちらもミサの最中でとても素晴らしい雰囲気でした。


写真の整理はこれから。HPに載せるのはまだ当分先になりそうですが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

機会あればぜひポルトガルを訪れてみてはいかがでしょう。ちょっと遠いのが玉にきずだけど、西の果てに郷愁を覚えるのは日本人ならでは、では。。。

ビール(0.5ℓ)が1ユーロで飲めます!!連れは超満足してました。

おまけ1
エビ・カニの盛り合わせ


おまけ2
パステル・デ・ナタ(エッグタルト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏の花・・・?

今日はギンギラギンの太陽で、まるで梅雨明けみたいですね。

さて、夏の花の筈なのに我が家のトロロアオイは今一成長が鈍いです。
よそ様のblogとかを見ると、6,7月に咲くところもあるみたいなんですが、うちのはまだ背丈が15センチほど。
しかも過保護に育てたのか、日に当てるとかえってしんなりしてしまって、これで元気に育つのかなあ~

少しずつ日差しに慣らすしかないのかな・・・
でも今週から不在にするし、困ったものです。



一方、5月に早々と咲いたムラサキの花ですが、最近になって脇芽が生えてきました。既に種も収穫して、これっきりと思っていたのに、いつの間にか成長していました。
もしや第2段の花を咲かせてくれるのかしら。。。

今までずっとぞんざいに扱って放っておいたのですが、試しに肥料をやってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々のBlog

あっという間に7月になってしまいました。
先週は雑事に追われてblogを書く気になれなかった・・・
なんかもうすでに夏バテ気味です。
夜中に目が覚めるので眠りが浅いし・・・うっとうしい梅雨、早く晴れてくれないかなあ。。。


先週は、渋谷のヒカリエに行ってきました。もうそろそろ空いたかなって思ったんですけど、まだまだ混んでました。レストランフロアは何処も行列だった。
でも混んでいる割には、買っている人はそんなに多くないみたい。私みたいに様子見組かも。
特にこれっと言って惹かれるお店もなかったし、ブランドに疎い私には何処も似たり寄ったりです。
多分、もうわざわざは行かないと思う・・・


週末は久しぶりに御苑に行きました。
梅雨の晴れ間だったけど、混んでなくて木陰でのんびり昼寝してました。
この季節、お花の種類もあまり多くないですね。






最近漸くベランダの野菜がタイミングよく収穫できるようになってきました。トマトは真っ赤で、中までまかっか。とっても甘いです。
茄子は1個だけとれた時は、塩とオリーブオイルで生で食べるんですけど、この間3個まとめて採れたので焼きナスにしてみました。すご~く甘かった。
ベランダでここまでできれば上出来!なんて我褒めしています。

気がかりなのは旅行中の水やり。トマトがまだ青いのがいくつもなっているので、留守の間にダメにならないか心配です。ベランダにスロップシンクがないので毎年この時期になると頭を悩ませています。


今日の収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »