« Les enfants gâtés | トップページ | 第九の日 »

川越散歩

蔵造の街並みで有名な川越を散策してきました。
地方の中核都市だけど、駅前は渋谷みたいに若い人で一杯。寂れた商店街なんて言う言葉はここにはないです。凄~い。

最初に訪れたのは商店街から外れた喜多院。ここは奈良時代までさかのぼれる名刹だそうで、徳川家の庇護のもとかつては権勢をふるったそうです。

川越大火で山門を除き消失。家光公の命で江戸城の別院を移築して再建したそうで、現在ここに家光誕生の間と春日局の間があります。
そんな訳で、せっかくなので内部を見学。
生憎撮影は禁止でした。
山門


本堂


五百羅漢


世の中こんな風なら平和です。。。



さて、大正浪漫通りを通って蔵造の街並み周辺に向かいます。
確かに大正浪漫ポイです。生憎こちらの方は人通りが疎ら・・・ちょっと寂しい通りでした。



山崎美術館の角を曲がるといよいよ蔵造の街並みが見えてきました。渋い家並みが続く~
と思ったらここでお腹が空いてきました。右門でお弁当を頂きます。ここのさつま芋おこわはボリューム満点です。お店の中もどこか懐かしい。



途中、小江戸横町という小さな店が集まる露地があったので入りました。
ここで、「ノリスケさん」というバウムクーヘンのお店でさつま芋のバウムクーヘンを見つけて思わずget!



通りの突き当りを左に曲がると駄菓子屋さんなどが集まる菓子屋横丁が見えてきました。なんか目移りする~


飴細工の店。子供達が真剣に見ています・・・


一押しはこれでしょう。風に揺られて手足や尻尾がふわふわ動きます。干支の蛇は今一蛇っぽくなかったけど。パンダは可愛い。
日本人ってやっぱり器用です!


お正月用に七福神飴を買いました。



休憩で入ったcafeELEVATOがこちら。
田中美術店とありますが、元は明治時代の桜井鉄砲店だそうです。鉄砲屋さんがこんなオシャレなお店だったとは当時はさぞ流行ったんでしょうね。
cafeの奥は和食屋さんです。

中は、こんな感じ。


最後は1783年創業の亀屋さんでお土産のお菓子を買って帰りました。立派ですね~



おまけ:アトレ4時のお知らせ
川越らしくお囃子のテーマソングでした!



|
|

« Les enfants gâtés | トップページ | 第九の日 »

公園・庭園・名所・社寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58810/48373151

この記事へのトラックバック一覧です: 川越散歩:

« Les enfants gâtés | トップページ | 第九の日 »