« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

碁石茶アイス

和食のランチを食べた時にデザートで碁石茶アイスなるものを初めて頂きました。
何でも高知のお茶だそうです。日本には珍しくウーロン茶のような発酵茶だそうで、確かに食べるとミルクティーのようなアイスです。
なかなか美味しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

栃の実

昨日、松本からの帰りに双葉SAで栃の実を拾いました。ここのSAは富士山が見えるスポットがあるのです。誰も見に来ないけど・・・


栃の実が落ちているのを見たのは初めてだったので思わず拾って帰りました。
芽が出るかどうかわからないけど、試しに今日ポットに植えてみました。
出てくるかなあ~
無性に栃餅が食べたくなってきました・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サイトウキネン

二年ぶりに小澤征爾氏が「子供と魔法」を指揮するというので松本に行ってきました。
毎回思うのは、個人ではまずチケットが手に入らないのがとても残念です。どこかのツアーに混じるしかありません。だからと言って会場が満員かと言うとそうではないので、地元では接待用に配る企業もいるのでしょうが(そういう人は興味がなければ行かない)、本当に聞きたい人に渡る工夫をして欲しいなあと思います。

さて前置きはおしまいにして、コンサートはとてもよかったです(ありきたりの台詞ですが・・・)。
行く途中、所々で大雨に見舞われたのですが、会場に着く時にはほとんど小雨でした。

会場は何時になく入場規制が敷かれていて、チケット切の所にセキュリティーデートがありました。水の入った容器は没収です。ここで「天皇、皇后陛下ご鑑賞に伴うお願い」と言う紙をもらいました。
凄ーい。両陛下が来るんだ・・・生で見たことがないので私も少々興奮です。報道カメラが一斉に2階席に向けているのでそのあたりにお座りになるんでしょう。
彼らは、御着席される様子を撮るとすぐにさっさと帰って行きました。小澤氏の指揮には全く興味がないようです。皇室?芸能記者なんでしょうか・・・?

とても熱の入った指揮で、2年ぶりとは思えない指揮でした。演奏後に回って団員をねぎらう様子を見るにつけ彼としても満足のいく演奏だったのではないかと思いました。
演出も楽しかったし。。。


両陛下が退出される時も、負けず劣らずの拍手の嵐でした。TVで見るように陛下がみんなに向かって手を振るので私達も手を振りました。今までにない経験をさせてもらいました。

この日は、冒頭、故潮田益子さんを偲んで、ディベルティメントニ長調(K.136)第二楽章が演奏されましたけど、思わず胸を揺さぶれるほどの素晴らしいものでした。これを聴けただけでも来てよかったです。

後半は、ステファヌ・ドゥネーヴ氏に寄る「スペインの時」です。非常にノリノリの指揮でスペインにいる気分になりました。
メゾソプラノのイザベル・レナードは個人的には後半のコンセプシオンの役の方がぴったりな気がしました。


帰る時には雨が止んでいました。
来年はどうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アボカドその後

鉢植えにしてからあっという間に茶丸が緑ちゃんを抜いてしまいました。
緑ちゃんは茶丸より3か月ぐらい早いのに一度種が割れて半分の種から育ったので他のアボカドより栄養が足りないのかもしれません。
↓左奥が緑ちゃん


茶丸の葉っぱも何時の間にか大きくなっていました。
高さで負けた緑ちゃんが茶丸に対抗すべく?妹(弟?)を生やすことにしたみたいです。
1つの種から2本生やしていいものか、それとも間引きすべきか悩んでます。


さて、今日は以前茎を折ってリベンジになったアボカド3号を鉢植えにすることにしました。今までの中で一番種の大きなアボカドです。黒い鉢を買ってきて植えたので黒丸と呼ぶことにしました。茶丸と同じ品種。

アボカドはすくすく大きくなるけどマンゴーの苗はちっとも大きくなりません。相変わらず葉っぱは5枚のまま。
管理方法はこれでいいのかな~


鉢を買った園芸店でサフランの球根を売っていました。料理に使うサフランです。自宅でサフランの雌蕊を収穫できるかもと思って買うことにしました。
お店の人が、このまま、土に植えず水も遣らずに置いておいても花が咲きますと言うのでびっくり。
何もしないなんて楽だけど可哀想・・・お店の人は土に植えた方が管理が楽だと言うのでどっちにしようか迷ってます。勿論、球根を増やすつもりなら土に植えた方がいいです。炎天下の外で育てるのは可哀そうなので、もう暫く思案することにして、今は居間に球根を置いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新江ノ島水族館

久々に水族館に行ってきました。江の島の海を借景にバカンス気分を味わえる水族館です。

ここにある一番の水槽は相模湾大水槽。
水槽の中に相模湾の深く入り組んだ地形を再現して2万匹の魚が泳いでいるとか・・・
確かに浅い海と深い海では魚がちゃんと棲み分けしています。
8000匹のマイワシの群れはキラキラして綺麗。エイがゆったり泳いでいるのも見ものです。


ちょうどuogokoroショーが始まるというので水槽の前で待っていたら凄い人になりました。

えのすいトリーターというトレナーの人が中に入って魚と一緒に会話しているように泳ぎます。
ウツボをつかんだり、ミノカサゴを呼び寄せたりまるで友達見たいです。


圧巻はホシエイを抱き締めるシーン。



ショーが終わるとすぐにイルカショースタジアムでDolferiaのショーが始まるというのでそっちに向かいました。
女性トレーナーのダンスとイルカのショーです。
ファンタジックで楽しいショーでした。




スタジアムの後ろに江の島の海が広がっていて、海水浴を楽しむ人たちも見えます。海風が心地よくてランチにはもってこいの場所でした。



こちらの水族館ではクラゲがたくさん見られます。前回来た時よりパワーアップして展示室も広くなり種類も凄く増えていました。
クラゲの一生が分かる展示もあって、勉強になります。

幻想的なのがこちら。とっても透明で筋状にきらきらと発光している所が素敵でした。


ふわふわ泳ぐクラゲに癒されながら休んでいたら、ちょうど海月の空というクラゲショーが始まったので楽しんできました。
最後は、ペンギン。行くとショーは終わりころでした。

ペンギン以上に愛嬌があったのが隣の水槽のゴマフアザラシ。某テレビで紹介していた男鹿水族館から来たオガです。未だやんちゃな子供で好奇心旺盛。
ラブリーな瞳に癒されそう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お盆休み

今日も暑いですね・・・
お盆休みで、今週は田舎に帰ったりご旅行したりとのんびりされている方が多いんじゃないかと思いますが、我が家は普段通りの生活です。
プータローの私は夏バテ気味です。

都心の道路は何となく空いている気もしますが、病院は混んでました。
お盆で空いているのかと思ったら、変わらないですね。先月から検査で通う羽目になった循環器内科は長い待ち行列ができているのでびっくりしてます。先生によっては2時間待ちとか・・・
トレッドミル検査はジム並みにきつかったけど、そんなに心配していなかったのですが、後から痛みが出たので結局今度はCTを取る羽目になってしまいました。造影剤を入れるので同意書にサインすることに。
まさかCTを取る羽目になるとは思っていなかったのでショックです。何でもないことを祈るばかりです。

午後は、歯医者。根管治療を初めてもう4か月になるけど進まないし、痛いしで、気が滅入る治療です。
猛暑続きなのに病院のはしごで熱中症になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

阿佐ヶ谷バリ舞踏祭

あっという間に8月で気分は夏休みモードですね。
とはいえ長期休暇は取れないので、気分だけでも夏休みを味わいたい!!どこかお祭りでもやっていないかな~と検索したら、ありました。
阿佐ヶ谷の神明宮でバリダンスの舞踏祭です。

夕方からやっているらしいと、出かけたら、すでにもう一部は終わっていてちょうど二部との間の休憩タイム。
凄い人ですね・・・
何でも今年は12回目だとか。そんなに続いているんだ~


境内はこんな感じ。前の方は芝生に茣蓙を敷いていて後ろは椅子席がある・・・


なんとか、脇の端っこの後ろの席をget
座れただけでも感謝しなくちゃ・・・

橋掛かりの脇正面が演奏者の席です。まだ明るいので何となく見えるけど、ちょっと遠いかな。。。

最初は「ラウタンマス」という曲の演奏。湘南の海のイメージだそうです。
メロディー聴いて、一気にバリ気分。

次からが躍り。
だんだん暗くなってきたので、写真がうまく撮れないけど雰囲気は伝わるかな・・・
柱があるのが難点なんだけど。
「バヤン・ニンテ」
能舞台とバリ舞踏って結構マッチするのがビックリ。





「レゴン・クブクブ」

続きを読む "阿佐ヶ谷バリ舞踏祭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マンゴー鉢植え

毎日暑いですが、アボカドに比べて成長が遅いので水耕栽培に限界があるのかと思って鉢植えにしてみました。アボカドに比べてマンゴーの根っこは貧弱です。
さて、これからどうなるでしょうか。
大きくなるのか、それとも・・・・このまま沈没。。。?



最初に育てたアボカドもヒョロヒョロと伸びるのでさらに大きい鉢に植え替えることにしました。連れが1号と呼んでいるので後から育てた種が必然的に2号になりました。
(私は緑ちゃんと茶丸と呼んでます)

アボカド2号は、1号以上に成長が早く茎がすくすく伸びるのですが、ちっとも葉っぱが開きません。産地が違うので種類が違うらしく、1号は葉っぱも茎も緑なのですが、後から育てた2号は茎も葉っぱも茶っぽいです。面白いですね。
このまますくすくっと育って欲しいです。

実はアボガド3号がいます。茶丸の前に育てた種ですが、一度落として茎を折ってしまい、目下サバイバル中です。やっと芽が復活してきました。

↓アボカド1号、緑ちゃん。なぜが何時も葉っぱが垂れ気味。。。

↓弟?の2号、茶丸。茎は太いが、只管茎ばかりのびる。。。


マンゴーにはまだ名前がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »