« 初ニョッキ | トップページ | 女子会 »

ナクソス島のアリアドネ

久しぶりにオペラを見てきました。


オペラ研修所の研修生による3日間公演の今日は最終日。二階席からの鑑賞です。オーケストラピットがよく見える~
研修生とはいえ侮れません。なかなかの熱演で期待以上の出来でした。
アリアドネのアリアも聴き応えあったし、ツェルビネッタの「偉大な王女様」には思わず拍手です。

演出も舞台美術もよかったです。オケもなかなかの演奏してました。4200円でこれだけ楽しめるのですから、とってもお得な気分でした。
これが海外の劇団だと、劇団員の宿泊費までチケットに反映されるという、二昔前ならいざ知らず今時そんなのあり?っていうような方法で3万4万、下手すると5万以上になってしまうんですから、余程思いきらないと行けません・・・・
それに、ミラノのスカラ座みたいな超有名どころは観光で出かけた折に現地で見た方がよっぽどお得だと思うし。チケットもネットで買えますもん。
まあ、お金はあるけど時間は取れない体が不自由という方には言い値に替えられないのでしょうが。それにしても有名企業のスポンサーがついてこの値段は素人にはちょっと???です。
話が随分横にそれてしまいました・・・

中劇場で鑑賞するのは初めてでしたけど何となくアットホームな感じでよかったです。彼らを応援したくなる気分でした。


楽しいオペラを見た後で、ついでと言っては何ですが、隣のオペラシティで開催されている「さわひらき」の映像作品を見てきました。こうした作品をじっくり見るのは初めてなんですけど、作品の一つ一つの時間が長いので椅子が殆どないないのはちょっと残念です。
若者がやってるみたいに地べたに座るのはちょっとね・・・

一寸粘着質な作品が多いような気がしました。ダリみたい。個人的にはEnvelopeという作品が印象に残ったかな・・・
飛行機が飛ぶDwellingの後ではLenticularに付き合って最後まで見る気力がなくなってしまいましたが。
あと、作品全体に言えることなんですが、映像に組み合わされた音が大きすぎて隣の作品に干渉しているのが少し気になりました。

同時開催中の「絵の中の動物たち」という展示では磯部茂樹の作品が一番印象に残りました。

|
|

« 初ニョッキ | トップページ | 女子会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58810/55208411

この記事へのトラックバック一覧です: ナクソス島のアリアドネ:

« 初ニョッキ | トップページ | 女子会 »