« 2014年4月 | トップページ

香取神宮と佐原の町

先日TVで偶々香取神宮を見て興味がわいたので、千葉の佐原という所まで出掛けてきました。

神社というと朱塗りの社殿を思い浮かべますが、なぜかここは真っ黒!
最近修復工事が行われていたようで、とってもきれいでした。
檜皮葺の屋根が太陽に照らされて光沢を帯ています。
社殿の装飾も素晴らしいけど、屋根が一番凄いと思いました。凄く丁寧な職人技ですね。




神宮も誇らしげです。

奥宮と要石に立ち寄ってから、佐原の市内に移動しました。
町の真ん中に川が流れているのでとっても風情がありました。

古い街並みが続くところは川越みたいですが、川越はかなり観光地化していてテーマパークみたいで風情がないですが、こちらは現役の建物がかなり残っていて江戸時代にタイムスリップしたみたいです。




こちらには伊能忠敬の旧宅がありますが、現在は修復中で入れませんでした。

ランチはいろいろ迷ったけど、初めてなのでやっぱり鰻の店にしました。
山田鰻店ではお重を頼むと鰻とご飯が別々に来ます。
タイミングが悪くてすごく待たされたけど、なかなか美味しかったです。たれは余り甘くないです。



いろんなお店があるけれど、お土産は、寛永年間創業の最古の油屋「油茂」でごま油を買いました。
あと、山口屋本店でイモ大福というのも買ってみました。帰りの車の中で食べちゃいました。芋ドーナツもいいです。



東京から車で1時間半で来れるのでまた来たいと思いました。のんびりするなら川越よりおすすめだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年4月 | トップページ