富士4湖めぐり

連休は温泉にも行かずおとなしく過ごすことに(先立つものが。。。)。
折角の晴天、ドライブに行こう!新聞で河口湖の水位が下がって六角堂まで出歩いていけるという記事を読んだので早速実地見聞です。
道路はGWとは思えないほどめちゃくちゃ空いていて快適ドライブ。風はとっても寒い~
目的地の八木崎公園では、「ウルトラトレイル・マウントフジ(ULTRA-TRAIL Mt. FUJI)」のゴール中継をしていました。帰ってくる人があるたびに歓声が上がる・・・


さて、六角堂ですが普段の様子を知らないのでどの程度水位が下がったのかわからないけど、歩いていけます。その先もずっと干潟のように水面から出ていました。
↓左の奥が八木崎公園


富士山もこんな風に見える。。。


せっかくここまで来たので山中湖以外の4つの湖を回ることにしました。実は初めてなんです。
河口湖円形ホールの桜は既に終わってました。

レストランでランチを食べて西湖に向かいます。ぐっと渋くなっていいですね。

ここはいいです。本当に綺麗。感動的。つまらない商業施設も、味気ない旅館もなくてとっても静かです。
外国人が喜びそうな神秘的な景色だけあって、荒らされていないのがいいです。のんびり釣糸を垂れる人だけ。世界遺産になっても景観を壊すような派手なお土産屋さんとか、伊豆にあるようなカラフルな道の駅とかを作って欲しくないです。観光資源にしたいなら、外国人受けしそうな大人のリゾートを目指して欲しいな。


小さな精進湖は開放的で、広い砂浜ではキャンプをしている人もいてのんびり過ごせそうです。目の前にホテルもあるので静かに過ごすにはぴったりかも。



さて、最後は本栖湖。ここには千円札の裏の絵の場所になった所があるというのでそこに行くことにしました。お札と一緒に写真を撮ったのですが両方のピントが合わないのが残念!
頂上の雲が行ってくれるのを待つのは大変でした。
雄大な富士山に感激。いつも東側からしか見たことないので足元の景色が違って見えました。




暗くなるまでまだ時間があるので、本栖湖の傍に芝桜祭りをしている所があるので出かけました。花の咲き具合は六分咲きですが、富士山と一緒に撮れるからまあいいかと思って・・・
入場料(一人500円)以外に駐車料金が500円かかります。
富士山うまいものフェスタ同時開催で、富士宮焼きそばを頂きました。私は信玄餅の方がいいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

紅葉

久しぶりのblogです。
バタバタして書く時間がなかった~
先日、久しぶりに猿ヶ京温泉に行ってきました。昔行った時は「猿ヶ京ホテル」に泊まったけど、今回は個室露天のある「湯豆の宿本伝」にしました。
緑に囲まれたお風呂は最高。熱めのお湯は長湯には向かないけれど・・・コストパフォーマンスの良いお宿です。



帰りに寄った「吹き割の滝」周辺はまだ、紅葉していなかったけれど、標高の高い丸沼、菅沼辺りは紅葉し始めていて綺麗でした。
曇っていたのが残念。

これからもっと色づいて真っ赤になっていくんでしょうね。
東京はまだ暑いけど秋はすぐそこまで来ていました。

続きを読む "紅葉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポルトのお土産

貧乏旅行で大したお土産は買ってこなかったけど、定番みやげのガロ(雄鶏の置物)を買いました。

ポルトではちょっとしたボタンアクセサリーを買いました。
お店の名前は「Aramarte Acessórios」
一坪くらいしかない小さなお店ですが、クリンさんがその場で作っている手作りのアクセサリー屋さんです。


お店の中は壁中彼の作品で埋め尽くされています。
全部ボタン!
私は夏らしいブルーのネックレスを買いました。
10ユーロ。気に入ってます~♪



リスボンでは小さな魚の形をしたお皿を買いました。
that's all.

それから、お土産ではないけれど、ユーラシア大陸最西端のロカ岬で、記念に証明書を発行してもらいました。
A4サイズなのでどこに貼ろうか悩んでいます。。。

|
|

魚が美味しいポルトガル♪

めちゃくちゃ暑いですね~
やっと何とか旅の片付けが終わりました。

早々と夏休みを頂いて、おとといポルトガルから帰ってきました。私のへそくりを叩いての貧乏旅行だったけど、ポルトガルはお財布に優しい国でした。

しかも、素朴で人が親切で食べ物(特に魚)が美味しい、となれば日本人にぴったりな国です。
それに、何処も坂が多くて日頃運動不足の私にはかなりの運動になりました。


前半はポルト、後半はリスボンに滞在して、観光して近郊を見て回りました。


ポルトはとても寒くて着いた日は18℃。
しかも雨で、最初の頃は天気が不順。今回もお土産に傘を買う羽目になってしまいました。

ドウロ川から歴史地区のながめ




ポルトはポートワインの積出港で歴史地区の対岸にはたくさんのワイナリーがあります。


リスボンの顔というとどこなのかよく分からないけど、一番眺めがよかったのはサン・ジョルジェ城からの眺めでしょうか。サンタ・ルジア展望台もおすすめ。
ポルトでは日本人を殆ど見かけなかったけど、リスボンは首都だけあって団体も一人旅も結構いました。

気温は30℃を越えているけど、空気は乾燥していて、風が冷たいので日本のように息苦しくはないです。







ポルトガルで歴史的多建物を見ると大抵アズレージョという装飾タイルを見かけます。デルフト焼のような青いタイルの装飾です。

訪れた中で一番アズレージョが美しいと思ったのは、エヴォラのロイオス教会。凄く荘厳な感じがしました。



ポルトガルは魚料理が豊富です。何処に行っても美味しい。タコの食感が日本と違います。柔らかい。
日本のゆで蛸はゆで過ぎなんでしょうか??

あんまり魚が美味しいので、これなら現地の日本料理店でお刺身を食べたらもっとおいしいのではと思って、リスボンの老舗「盆栽」に行きました。

あたりです!!久々に醤油味で魚を食べました。
お客は地元のポルトガル人や外国人観光客が多かったです。
日本酒も置いている(隣の地元の人は升酒)けど、私達はアレンテージョの白を頂きました。



偶々校友誌をみつけたのでお店と一緒に撮ってみました。なんでもオーナーが70代の方で早稲田出身だとか。今は若い日本人夫婦が切り盛りしています。是非お勧め~
お造りを作っているのは現地の板前さん。その隣は日本人の若女将。



最終日はファドを聴きに行きました。
とってもよかった。すごい迫力でジーンときました。



今回の旅行は期せずして巡礼の旅にもなりました。日帰りツアーでサンティアゴ・デ・コンポステラとファティマに行ってきました。どちらもミサの最中でとても素晴らしい雰囲気でした。


写真の整理はこれから。HPに載せるのはまだ当分先になりそうですが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

機会あればぜひポルトガルを訪れてみてはいかがでしょう。ちょっと遠いのが玉にきずだけど、西の果てに郷愁を覚えるのは日本人ならでは、では。。。

ビール(0.5ℓ)が1ユーロで飲めます!!連れは超満足してました。

おまけ1
エビ・カニの盛り合わせ


おまけ2
パステル・デ・ナタ(エッグタルト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

四谷散歩

東京メトロの小冊子「BONJOUR! METRO」に四谷界隈の紹介が乗っていたので、散歩に出かけてきました。

荒木町の路地を歩くと、小さなお稲荷さん「金丸稲荷神社」に出ます。
今日は休日のせいか荒木町も閑散としていて、人の気配が全く感じられない。。。


新宿歴史博物館はパスして、次に「たんきり子育地蔵」に向かいました。外苑東通りを渡ります。
こんなところに変わったお地蔵様があるんですね。
私のような喘息持ちや子供の咳にご利益があるそうです。

結構古くて由来を読むと、江戸時代の初めに和田倉門の傍にあったのが江戸城の拡張に伴いこの地に移されたのだとか。戦災で焼失しその後復元されたそうです。



さて、四谷消防署にでると、ここには消防博物館があります。中は小さな子供で大賑わい。おもしろそうだったけど諦めて「須賀神社」に行くことにしました。

ところで、これをご存知ですか。。。

しょっちゅう通るところなのに、こんなのを見たのは初めてです。音楽が流れて突然からくり人形が現れました。楽しい音楽が3分ぐらい流れていました。
正解はこちら↓人形は右端の柱の中です。
普段は隠れていて分かりません。



須賀神社。先日出かけたメゾン・カシュカシュのすぐそばにあります。
こちらはもともと稲荷神社で赤坂の清水谷あったのを1634年に江戸城外堀普請でこちらに来たそうです。
なかなか立派ですね。


さて、この近所にさらに有名な神社があります。
小さいけれど、芸能関係者が来るところ。
それは、「於岩稲荷田宮神社」。
向かいには於岩稲荷を銘打った「陽運寺」というお寺もあります。こちらの方が縁結びお守りなんかも売っていて小奇麗なお寺さんです。

宮田というのはお岩さんの名字です。この神社は宮田家の屋敷社だったそうです。実像は四谷怪談のお岩さんとは全く違ったようですね。
家運を盛り返した貞女だったそうで、四谷怪談に名前が使われて気の毒な気がしました。


こちらが向かいの陽運寺。なんでお岩稲荷を名乗っているのか関連性がよくわかりませんでした。こちらに参拝している人も多いですが・・・
ちなみにお岩さんはこちらの檀家ではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

袋田の滝

今日は朝から天気が良くなったので、茨城まで紅葉を見に出かけました。
袋田の滝に行くのは何年ぶりだろう。かれこれ10年以上前かもしれない・・・・もちろん紅葉の季節は初めてです。

行く途中、常陸太田市に竜神大吊り橋というのがあるというので立ち寄ることにしました。



紅葉も見ごろということだったけど、まだ少し早いような気がします。


紅葉祭りで出店が出ていました。


牛とろ汁と豚の串焼き~


さて時間もないので、さっさと食べて袋田の滝へ。
袋田の滝の方が標高が高いのか、こちらはまさに紅葉が見ごろでした。

ビックリしたのがエレベーターで観瀑台に行けること。
昔来た時にはそんなのなかったはずなのにと思ったら2008年に新しくできたのだそうです。
大勢の観光客で、乗るまでに30分ぐらい並んでしまったけど、一見の価値ありです。

続きを読む "袋田の滝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々九州

週末を利用して、阿蘇と高千穂に行ってきました。
阿蘇は3回目でですが、高千穂は初めてです。

お天気に恵まれて、楽しかったです。
友人に、高千穂に行ったらボートに乗ったほうがいいよと勧められたので、がんばって乗ってきました。
なんせ、2時間半待ちでしたので。まるで、ディズニー見たいですね。

待っている間周辺を散策。
高千穂神社まで、急な階段を上ったので、もうくたくたです。



前日は、昼に熊本に入ったので、幣立神社まで出かけてきました。
すごく静かな神社なので、誰もいないかなっと思いきや、地元の人も結構参拝に来ていました。

社殿の奥の森を降りていくと、東水神宮の脇に湧水があります。
大きなペットボトルを抱えて汲みに来る方もいらっしゃいました。


左側の水の方が当たりがまろやかな水です。



ご神木の先の方を一生懸命携帯で写真を撮っていらっしゃる宮司さん。
何が映っているんだろう。

黄色い蝶々が飛んできたけど、それを撮っている訳ではなさそうです・・・




三回目のチャレンジで、初めて阿蘇の火口を見てきました。
天気はいいのに霧で霞んでいたりと、今まで一度も見られなかったんです!


砂千里が浜はまるでSFのロケに使えそうな場所でした。



一日目は阿蘇に、二日目は、十云年ぶりに黒川温泉に泊まりました。
(20年は経っていませんよ~)
湯布院みたいに観光地化されていたらがっかりだなあと思っていたのですが、予想していたほどではなかったのでちょっとほっとしました。

今回は温泉街から少し離れた上流の宿です。
部屋の前にこんな流れがあって嬉しい!

ハードスケジュールだったけど、十分癒されてきました。


阿蘇はいつ見ても、雄大ですね。
旅館の夕食に出た馬刺しも美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あっという間に金曜日

火曜日に帰って来てからずいぶん時間がたつのに、まだ時差ボケが治らず夜眠れないので昼間ごろごろ寝ていてまだ片付かない・・・・
気付いたらもう金曜!!


日本は本当に蒸し暑いです。
今年の夏休みは、ポーランドとチェコとハンガリーに行ってきましたが、あちらはとっても寒かったです。
半袖ばかり持って行ったので、着る服がなくて苦労しました。

訪れた街は4か所。
ワルシャワ、クラクフ、プラハにブタペストです。
どの街もとてもきれいでした。全部世界遺産です。

クラクフは、ポーランドの古都で、京都みたいなところ。
近くに、有名な町オシフィエンチムがあります。ドイツ語ではアウシュビッツ。

アウシュビッツも世界遺産ですが、毎年世界中から大勢の見学者が訪れます。
本で読むのと実際に見るのでは、全く違いますね。
とっても生々しい資料がたくさん残っているので、実に衝撃的でした。
特に2tの女性の髪の毛の山は見るに堪えないほど痛々しいです。

アウシュビッツで唯一の日本人ガイド、中谷さんの説明はとっても丁寧で、イデオロギーに偏らない真摯な態度で説明してくれます。
とっても感銘しました。

この日は、もう一つの世界遺産、ヴィエリチカに行ってきました。昔の塩の採掘所。この規模を見ると、佐渡金山が世界遺産にならなくても無理ないかなって思いました。


雨にたたられた日も多かったけど、とっても楽しかった。
特にポーランドは物価も安いので、居心地がいいです。
プラハやブタペストは観光客向けの所は結構高くて東京値段でした。

ブタペストではシシイが過ごしたゲデレー城にも行ってきました。でも、最大の温泉施設セーチェニには行きませんでした。

プラハやブダペストでのハプスブルグ家に対する見方はとても批判的です。日本では華やかな文化のせいでブルボン王朝並みに人気がありますが・・・
それでもシシイ人気にあやかって彼女の評価はとても好意的でした。

写真の整理はこれからぼつぼつと。。。
暑いのでいつ終わるか見当もつかないですが。


ワルシャワ 王宮広場
(旧市街は戦前そっくりに建て直されました。)



クラクフ 中央市場広場



アウシュビッツ 非人間的行為の一端

祈る人々

説明中の中谷さん



ヴィエリチカ 岩塩の巨大シャンデリア



プラハ ヴァルタヴァ川



ブダペスト くさり橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のんびりしてきました

昨日は生憎小雨だったけど、まずまずの天気に恵まれてのんびり過ごしてきました。

今日は日ごろの運動不足がたたってグロッキー。
芋のように過ごしていました。

飛鳥で、一日自転車に乗ったので、足も腕も筋肉痛です。

前回は、ついでに寄った感じになってあまり見て回れなかったので、今回はぐるっと回ってきました。
こちらは飛鳥寺。



唐招提寺はさすがに立派でした。
前回薬師寺に行ったので、薬師寺はパスしたけど牡丹が見ごろでした。


中央の廬舎那仏も立派ですが、やっぱり圧倒されたのは千手観音・・・
薬師様はちょっと怖い顔でした。


3日目の昨日は、雨になったので市内を見て回りました。
新薬師寺では12神将のデジタル復元を見てそのあでやかさにびっくりし、次に訪れた志賀直哉の家ではその先進性と広さにびっくりです。

サンルーム



奈良のお土産どうしようかとあっちこっち見て回ったのですが、結局決まらず、飛鳥で買った菊芋で済ませてしまいました。
旅館で出された菊芋が意外に美味しかったので初めて買ってみたんですけど、ネットとかで見ると今は旬じゃないのかな・・・
東京では見ない野菜ですよね。生姜みたいな形で。
今日は試しにきんぴらを作ってみます。


連れは、春鹿の超辛口でご満悦。

写真の整理はまた今度になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旅日記

久しぶりのBlogです。昨日の雪がまるで嘘のように消えてしまいましたね。
昨日は温泉疲れでうだうだと過ごし、今日も・・・です。

日にちがたつと旅の記憶も薄れていく。。。

今回はあいにくの天気でしたが、結構面白かったです。

初めて星野リゾートの温泉旅館に行ったのですが、うーんとなってしまいました。
星野リゾートに買収された旅館は高級旅館から庶民派まで色々なので、それぞれコンセプトは違うのでしょうが、今回泊まった庶民派温泉のスタイルでは、星野さんのバランス感覚に感心です。
名付けて温泉のサイゼリア!
写真はまだ整理していないので、またそのうちに。


伊豆高原は雪だったこともあって、あんまり寄り道しませんでした。
伊東では東海館(古い温泉宿を保存しています)を見学して、立ち寄ったマリンタウンで鳶はしごのパフォーマンスを見ました。みんな腕力ありますね~

河津桜はまだだったけど、熱海桜は綺麗でした。

連休にドカ雪にならなくてよかったです。
今度はもっといい季節に行きたいな。

東海館(沖山潤)


高さは2m60位だそうですが、命綱ないんですよね。
パチパチ!

パフォーマンスの最後にはしごの上から紅白の祝い餅が配られて1つ頂きました。


おまけ:河津桜&熱海桜(右)
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|