旅館今昔

東京は予報通り雪でとっても寒いです。
さて、連休を利用して久しぶりに伊豆の温泉に行ってきました。土日はいい天気でした。今回はちょっとした話題が続くので2回に分けることにしました。
まずは温泉編。

今年は温泉は無理だな~と思っていたら連れがへそくりを出すというので話に乗っかることに(家計に響かないなら文句なしです)。
早速、連れはかけ流しの個室露天で眺望もいいという旅館を見つけてきました。前日に連れがアクセスを調べるとどうやら昔行った旅館のすぐ近く、もしくは昔行った旅館じゃないかというんです。しかし旅館の名前は違うし以前行った旅館もちゃんとサイトがあるので、よく分かりません。まあ、以前行ったところに近いから道に迷うことはないだろうということに・・・

さて、川奈の住宅街の奥に車を進めると、ついた所はやっぱり昔の旅館でした。知らないで昔の旅館を予約していた~!
勿論旅館の名前は変わっていました。どうやら居ぬきで伊東遊季亭が買ったみたいなんです。昔の名前は「はな緒の安」といいました。その時の感想はHPの方に載せているのですが、お茶菓子を頂いて部屋に案内されると、その後は構わないのがお持て成しという今風のホテルライクな業界御用達風旅館でした。

オーナーが変わり、従業員が増え、若い仲居さんもマクドナルド的とはいえそつなくこなしていました。
ホテルライクというコンセプトは変わらないので、基本的にお客に親しく接してまた来てもらおうという接客はしていません。男性マネージャーはドアマンと化していて従業員の方に目をやっています。

多分、こういうコンセプトの旅館は少し前からの流行だし、最近は女将さんと会話するのも億劫だという方も多いので望ましいのでしょう。謳い文句のベッドはよくなりました。でも、客単価は前の旅館より5000円上がったし、料理の材質も落ちています。(だから前の旅館は潰れた??)人件費分の値上げということで許容範囲だとの判断だと思うけど、数部屋のこじんまりした旅館のターゲットは今一不明です。女将さんはおらず旅館の顔が見えません。まあ、同じ路線かもしれないですが。。。

伊東遊季亭のネームバリューで以前の旅館より集客はできると思うけど、昔の旅館の方がコストパフォーマンスはよかったように思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大滝温泉やっとUPしました。

大滝温泉「天城荘」の感想記事、やっとHPにUPできました。

時間が経つと細かいことをどんどん忘れちゃうから、なるべく早めにと思っているんですがついつい後回しにしてしまって・・・・・

老舗旅館なので一度は行かなくてはと思っていたのですが、漸く果たした感じです。

「天城荘」のHPを見ると、結構工夫してお得プランもやっているみたいです。
そうしたサービスを利用すれば、他の旅館と比較して相対的な割安感も感じられるんじゃないかと思います。


立地条件が厳しいこともあって新規の設備投資は難しいと思うので、大変な部分もあると思いますが、これからもがんばって欲しいと思います。

こちらの個室露天はなかなかお勧めですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

行ってきました!秘湯 二岐温泉

連休を利用して久々に温泉に行ってきました。


場所は福島県南部にある秘湯、二岐温泉です。
流石に福島だからでしょうか、夕方になるととても寒く感じてこの秋初めて暖房を入れました。
(翌朝は、何と車に霜が降りていました!!)

秘湯というと、私のイメージでは山奥の一軒宿とか湯治場の宿(後生掛温泉や夏油温泉のような宿)を思い浮かべるのですが、今回お邪魔した「大丸あすなろ荘」は、ごく普通の小奇麗な温泉旅館でした。
ふーん、以外・・・・

「大丸あすなろ荘は」は日本秘湯を守る会の会員宿です。守る会の旅館に泊まったのは久しぶり。。。。蔦温泉・松川温泉以来です。

ここには岩肌から自噴している「自噴泉岩風呂」があります。多分このせいで秘湯のイメージなんでしょう・・・・
なかなかいいお湯が沸いていますよ

旅館の印象については改めてHPの「温泉三昧」のコーナーで書かせて頂くことにして、温泉の紹介をしておくと、
ここには、自噴泉岩風呂のほか、渓流沿いの露天風呂、子宝風呂、内湯があります。

内風呂以外は入れ替え制ですが、正直な感想として男性に優しいシステム内容だと思います。


個室露天風呂つきの部屋も結構あるので、その点はおすすめです。

あと、別館として橅山荘が車で5分ぐらい離れたところにあり、こちらの宿泊客は無料で大丸あすなろ荘のお風呂を利用できます。


久しぶりにゆっくりお温泉に入ることができてとても幸せ・・・・
一足早い秋の気配も堪能できたました。


帰りに、茅葺屋根の町並みが続く江戸時代の宿場町、大内宿に寄りましたが、ここはおすすめの観光スポットです。
お年寄りから若者まで楽しめるんじゃないかしら・・・・

今回初めて「トチモチ」というのを頂きました。
(理由は前日に読んだ新聞にトチモチの紹介記事があって、なかなか美味しそうな気がしたんです。結構美味しかった!)

天気にも恵まれ、とってもいい休日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

温泉行きたい病

さっきまでNHKの“知るを楽しむ 何でも好奇心”で、「本物の温泉」をやっていました。
温泉病がうずく。。。。Free_002_03

映っていたのは鉄輪温泉の血の池地獄。
鉄輪では外湯に入れなかったけど、何だか懐かしい。
(まだ出掛けて一月しか経ってないのにね)

うーん。やっぱり温泉って良いなあ。あの湯煙・・・・

本当は、ちょっと前から温泉病に掛かっているんです。
実は先月末にまた伴久ホテルから魔の誘いMan12e_1 が来たんです。
例によって美しい冬景色の特大DM・・・・・
(伴久ホテルのDMについてはHPの“四季折々”コーナーの湯西川温泉をご覧くださいね)
冬の温泉も良いですよね。露天で雪景色を楽しみながらゆっくり浸かるなんて、なんて極上の癒しなんでしょう・・・・・・

でも車で行くのは無理かな。
以前雪の中を松本まで出掛けて、スリップして危うく事故になるところだったし、加えて雪道の坂はチェーンをつけていてもなかなか登れなくて温泉旅館まで行くのが結構大変だったから。
電車で行くのもたまには良いかも。

因みに伴久ホテルでは冬季限定で駅まで送迎バスのサービスがあるそうです。

でも、年末年始に散々散財したおかげで当分温泉に行くのは無理。
無理だと分かるとなお更行きたい!
当分は「本物の温泉」を見て行った気になって我慢しよう・・・・・でも、見たら見たで温泉行きたい病が重症になりそう。
やっぱり行くしかない・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|